>  >  > AKB総選挙、渡辺麻友が自身初の速報1位へ

AKB48 選抜総選挙、渡辺麻友が自身初の速報1位へ 変動したランキングに見る今年の注目ポイント

関連タグ
AKB48
SKE48
NMB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月1日に『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』の投票速報が発表された。

 第8回目の開催となる今回は、45枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー80名を5グループからファンの投票によって決定する。速報時点での暫定45thシングル選抜メンバーは下記の通り。

第1位 42,034票
渡辺 麻友(AKB48 Team B)

第2位 41,127票
指原 莉乃(HKT48 Team H)

第3位 35,469票
松井 珠理奈(SKE48 Team S)

第4位 26,680票
山本 彩(NMB48 Team N)

第5位 22,536票
須田 亜香里(SKE48 Team E)

第6位 20,988票
柏木 由紀(AKB48 Team B / NGT48 チームN III兼任)

第7位 14,889票
岡田 奈々(AKB48 Team 4)

第8位 13,599票
兒玉 遥(HKT48チームH / AKB48 チームK兼任)

第9位 12,935票
竹内 彩姫(SKE48 Team KII)

第10位 12,705票
高橋 朱里(AKB48 Team 4)

第11位 12,630票
にゃんにゃん仮面(AKB48 ?)

第12位 12,410票
宮脇 咲良(HKT48チームKIV / AKB48 チームA兼任)

第13位 11,888票
大島 涼花(AKB48 Team B)

第14位 11,426票
沖田 彩華(NMB48 Team M)

第15位 11,379票
川本 紗矢(AKB48 Team 4)

第16位 11,146票
渕上 舞(HKT48 Team KIV)

 この発表は、ニコニコ生放送の『第8回AKB選抜総選挙 速報発表特番』で生中継された。注目はグループ初の2連覇を目指す指原と、それを阻止しようとする渡辺との1位争いであるが、結果は渡辺が42,034票と速報時点での総選挙史上最高得票数を獲得し、自身初の速報1位となった。2位に指原が呼ばれた時点で、開票が行われているAKB48劇場には、「まゆゆコール」が沸き起こり、渡辺は両膝を抱えながら泣き崩れた。渡辺は「いやー、びっくりした! 速報で1位になったのは初めて。ファンの方が頑張ってくれた」と嬉しさを露わにしながら、「(2位の指原と)1000票差もない。さっしーがそこまできてる! 危ないな」と907票という僅差での1位であることにも触れた。

 さらに、放送特番内で行われたAKB48グループの有識者による討論会にも渡辺はゲストとして参加。HKTの指原が各テレビ番組に引っ張りだこであり、AKBがテレビに出られていないのではないかといった話題から「今、AKBはピンチだ」と意見をぶつけられると、渡辺は「AKBはピンチだと思います。卒業していくメンバーもいる中で、残されたメンバーが踏ん張り時でもあるし。私が1位を取ることによってAKBのアイドル力で、新しいスタートを切れればと思います」と力強く言い切った。また、渡辺はAKB48チーム4のメンバーが上位に多数ランクインしていることついて、「さやや(川本紗矢)、りょうか(大島涼花)、岡田奈々ちゃん、じゅり(高橋朱里)とか生え抜きのメンバーが(開票日でも)ランクインしてほしいという気持ちがありますし。今年は本体のAKBがたくさんランクインしているといいなと思います」とコメントを添えた。

 昨年の速報54位から29位にランクアップしたのは、44thシングル表題曲「翼はいらない」センターの向井地美音。特番のゲストとして出演した向井地は、「(投票開始から)たった1日で私のことをこんなに応援してくれてるんだと思うと嬉しいですね。ここから頑張っていきたいと思います」とファンに感謝の言葉を伝えながら、「ドラマがあって総選挙って面白いなと思いました。こみ(込山榛香)(第18位)、茂木さん(茂木忍)(第20位)のランクインが嬉しいですし、Team 8、NGTなど後輩の勢いも感じました」と、勢いづくTeam 8から倉野尾成美(第21位)、坂口渚沙(第53位)の2名の躍進、新勢力であるNGT48からは荻野由佳(第91位)、中井りか(第92位)が健闘していることにもコメントした。

 ほかにも、姉妹グループからは第9位のSKE48 竹内彩姫、第14位のNMB48 沖田彩華、第25位のHKT48 井上由莉耶が昨年の順位から大きくランクアップしていることにも注目したい。さらに、速報発表内では「最多議席数を獲得したグループ」には、「最多議席数のグループメンバーによる新公演」、「ファン感謝祭の開催」、「最多議席数のグループメンバーのLINEスタンプを制作」の3つが特典として用意されることも発表。速報時点での議席数は、AKB48が32議席、HKT48が26議席、SKE48が24議席、NMB48が14議席、NGT48が3議席といった結果となっている。今後、議席数がどう変動するかも今年の総選挙の注目ポイントだ。

 開票イベントは6月18日にNGT48の本拠地、新潟にて初めて開催される。果たして、渡辺の1位返り咲きとなるのか、指原が総選挙史上初2連覇を勝ち取るのか。

(文=渡辺彰浩)

「AKB48 選抜総選挙、渡辺麻友が自身初の速報1位へ 変動したランキングに見る今年の注目ポイント」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版