>  >  > ドラマで新人の楽曲起用増加のワケ

藤原さくら、Anly、感覚ピエロ……ドラマで新人アーティストの楽曲起用が増えている理由

関連タグ
chay
SUPER BEAVER
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年4月期放送開始のドラマが、それぞれ物語の中盤を迎えている。テーマとしては不倫、アラサー、弁護士ものが目立つ傾向にある今期は、作品を彩る主題歌においても、ひとつ目立ったトピックがあった。それは、新進のミュージシャンらによる印象的な主題歌が多く起用されているということだ。

 極めて異例だったのは、新人シンガーソングライター・藤原さくらの月9『ラヴソング』(フジテレビ系)ヒロイン&主題歌のダブル起用だろう。このドラマは、吃音症により対人関係が苦手になってしまった藤原演じるヒロインが、福山雅治演じる元ミュージシャンで臨床心理士の主人公と音楽で心を通わせていくというラブストーリー。そして、ヒロインを務める藤原が歌う「Soup」が主題歌に起用された。彼女の素朴で味わい深い歌声は、ドラマの役柄にも合っている。ドラマで彼女のことを知った視聴者が過去曲を調べる流れがあるようで、今年2月にリリースされた1stアルバム『good mornig』リード曲「かわいい」のYouTubeでの再生回数も、5月19日現在200万回に迫る勢いで再生されている。

『ラヴソング』(月曜よる9時・フジテレビ系)主題歌/藤原さくら「soup」
藤原さくら「かわいい」

 木村佳乃演じる妻が、伊藤英明演じる不倫夫に対して熾烈な復讐劇を繰り広げる『僕のヤバイ妻』(関西テレビ・フジテレビ系)。オープニング曲として颯爽と流れるAnlyの「EMERGENCY」も印象的だ。“日本版『ゴーン・ガール』”と言われるほど、緻密で恐ろしい復讐を繰り広げる物語のはじまり、または物語の転換時に流れる同曲が、スリリングな展開を盛り上げる。Anlyも藤原同様、昨年11月にデビューしたばかりの沖縄出身のシンガーソングライター。これまでもドラマ『サイレーン』(関西テレビ・フジテレビ系)『ぼくのいのち』(日本テレビ系)や、『カロリーメイト』CMに楽曲が起用され、そのハスキーで特徴的な歌声が多くの人々の関心を集めてきた。主題歌である安室奈美恵「Mint」にも負けないインパクトを視聴者に残す楽曲である。

『僕のヤバイ妻』(火曜よる10時・関西テレビ・フジテレビ系)オープニング曲/Anly「EMERGENCY」

 デビューシングル曲「あなたに恋をしてみました」が、月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』主題歌に起用され、歌謡テイストの耳馴染みよい楽曲で注目を集めたchay。2作目となる「それでしあわせ」は、松下奈緒が主演を務める『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)主題歌に起用された。同曲は本編ラストのクライマックスシーンでBGMのように自然と流れ出し、chayの優しい歌声と温かみのあるサウンドが、感動的なラストの雰囲気を演出する。また、歌詞については、chayが主人公と自身を重ねあわせ、自分らしく生きることの大切さを綴ったとのこと。このドラマを楽しむ視聴者は、同曲の歌詞に共感することも多いようだ。

『早子先生、結婚するって本当ですか?』(木曜よる10時・フジテレビ系)主題歌/chay「それでしあわせ」

      

「藤原さくら、Anly、感覚ピエロ……ドラマで新人アーティストの楽曲起用が増えている理由」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版