>  >  > Perfume『COSMIC EXPLORER』徹底考察

Perfumeの新アルバムはなぜ“稀有な音楽体験”を生むのか レジーの『COSMIC EXPLORER』徹底考察

関連タグ
Perfume
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チームPerfumeが完成させた一大絵巻物『COSMIC EXPLORER』

 Perfumeの約2年半ぶりとなるアルバム『COSMIC EXPLORER』のリリースが発表になった時、来たるべき新作への期待と同じくらい、もしくはそれ以上に強く感じたのが「収録曲の大半を占める既発曲をどのように処理するのか」ということである。

 コンスタントにメディアへの露出を続けるPerfumeにとって、リリース済みのシングル曲が「貯まっていく」ことは必然的なものであり、その結果としてアルバムにおける「純然たる新曲」のシェアは相対的に低くなる。前作『LEVEL3』、前々作『JPN』においても同様の傾向は見られたが、これらの作品においてはアルバム用のミックスが施された既発曲群のつなぎによって目新しさや驚きを担保するという工夫があった(『LEVEL3』では「Spring of Life」~「Magic of Love」、『JPN』では「レーザービーム」~「GLITTER」という既発曲のアルバムミックスでの流れはかなりのインパクトだった)。『COSMIC EXPLORER』においてもそのような形式をとっているのかな、というのがこのアルバムを聴く前に何となく予想していたことだった。

 そして、この予想は大きく裏切られることになる。『COSMIC EXPLORER』は「既発曲がアルバムバージョンでかっこよくなった」というレベルの話で語れるようなものではない。このアルバムは、既発曲と新曲が混然一体となって繰り広げる「一大絵巻物」である。各々の楽曲にはこの作品における明確な役割が割り振られており、過去にリリースされた状態のまま収録されているナンバーであっても以前と全く聴こえ方が異なるという稀有な音楽体験を堪能できる。

 タイトルに「宇宙」という言葉が冠されたこの作品は、近未来的なインスト曲「Navigate」とSF大作映画のオープニングを思わせる「Cosmic Explorer」で幕を開ける。どこか切なげなメロディラインが耳に残る「Miracle Worker」、もしくは中田ヤスタカ流フューチャーファンクとも言うべき「Next Stage With You」を経て(「Mircle Worker」は『LEVEL3』収録の「Clockwork」の、「Next Stage With You」は『GAME』収録の「セラミックガール」のアップデート版とも呼べそうである)、5曲目の「STORY」でこのアルバムは最初のピークへ。2015年の『サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)』や『LIVE 3:5:6:9』では半透明のスクリーンを駆使した演出で観衆の度肝を抜いたこの楽曲が、冒頭4曲による洗練された世界を大きなカオスに引きずり込む。

 「STORY」に続いて収録されているのが、映画『ちはやふる』の主題歌として先行リリースされていた「FLASH」のアルバムミックス。鍵盤を強調した大胆なハウスアレンジをまとったこの楽曲が放つ強烈な生命力と「STORY」が提示する混沌のコントラストは、『COSMIC EXPLORER』で描かれるシナリオに引きつけると「宇宙の混沌から地球が誕生し、そこに新たな生命が生まれる」という壮大な物語とでも言うべきか。最初のサビ後の間奏で訪れる爆発的な盛り上がりは、地球上のすべての生物を賛美するかのような神々しさに溢れている。

 「FLASH」以降はここ数年リリースされたシングル曲が数多く配されているが、特に印象が変わったように感じたのが「Relax In The City」(シングルリリース時と同じバージョンを収録)。昨年春に初めて聴いた際には少し地味に感じたこの楽曲が、『COSMIC EXPLORER』の中ではハイファイな展開における一服の清涼剤としてなくてはならないものになっている。中田ヤスタカはいつの時点でこのアルバムの設計図を完成させていたのだろうか? Perfumeの作品について彼が語ることは少ないが、そんな興味を持たずにはいられない。

 「時代はパッケージからライブへ」という掛け声がここ数年で音楽業界に完全に定着し、Perfume自身もテクノロジーを駆使したライブパフォーマンスがグループの代名詞となりつつある。そんな状況において、彼女たちがCDアルバムという旧来型のフォーマットにおいて宇宙や生命の神秘すら感じさせるスケールの大きな作品を作り上げてくれたというのは嬉しい驚きだった。ただただ「恐るべし」の一言である。

      

「Perfumeの新アルバムはなぜ“稀有な音楽体験”を生むのか レジーの『COSMIC EXPLORER』徹底考察」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版