>  >  > 嵐新曲でマイクスタンドを主役に?

嵐、「復活LOVE」で初めて“マイクスタンド”を主役に? 過去の使用曲を振り返る

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐の48枚目のシングル表題曲『復活LOVE』が、2月25日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)を皮切りに、2月26日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)、2月27日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)と、テレビ番組で披露される機会が続いた。

realsound-arashi.jpg

(C)タナカケンイチ

 同曲のミュージックビデオは、軽やかなステップを踏みながら夜のオフィス街を練り歩くメンバーの姿と、スーツのポケットに手を入れて踊るラフなダンスが印象的だ。今回テレビ番組でのパフォーマンスが解禁となり、一番目を引いたのはマイクスタンドを使ったパフォーマンスである。これまでの嵐の楽曲でマイクスタンドを使用したものには、「ハダシの未来」(2003年・11枚目のシングル曲)、「One Love」(2008年・22枚目のシングル曲)、「ワイルド アット ハート」(2012年・37枚目のシングル曲)の3曲があり、曲調もマイクスタンドの用途も様々だった。

 「ハダシの未来」は、メンバー出演のコカ・コーラCMソング。ミュージックビデオでは、ラフな格好のメンバーが、シャワーをマイクに見立てて歌ったり、一つのベッドの上でゴロゴロするなど、バカンスを過ごすホテルの一室でふざけあう様子がポップに描かれていた。テレビ番組では、マイクに見立てたシャワーの雰囲気を再現するためと体全体を使って踊る振付のためにマイクスタンドが用いられていたようだ。テレビでは横一列に並んでスタンドを動かすことはなかったが、コンサートではスタンドを足で起こし、振り上げたり回したりすることもある。全員で踊って楽しむことができるコンサートの定番曲である。

 「One Love」は、松本潤主演映画『花より男子F』主題歌で、「愛を叫べ」より前に結婚式の定番曲として浸透した曲でもある。ミュージックビデオでは、メルヘンなテイストのイラストの中でメンバーが歌を口ずさむ姿が映し出されており、マイクを使ったシーンは出てこない。テレビ番組のパフォーマンスはいくつか種類があり、その中のひとつとしてマイクスタンドを使ったバージョンが存在する。同曲の場合は、手話を取り入れた振りが特徴的なため、両手を自由にするためにマイクスタンドを用いていたようだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版