>  >  > アイドルに“妹分”が増えた理由

妄想キャリブレーション、ぷちぱすぽ☆、TPD DASH!!……アイドルに“妹分”が増えた理由

関連タグ
Cheeky Parade
PASSPO☆
SUPER☆GiRLS
東京パフォーマンスドール
でんぱ組.inc
JPOP
アイドル
岡島紳士
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年のアイドルシーンでは、ある程度の規模まで成長したグループが、新たに“妹分”のグループを結成するケースが増えている。

 その一例として、でんぱ組.incの妹分・妄想キャリブレーション、PASSPO☆の妹分・ぷちぱすぽ☆、SUPER☆GiRLSの妹分・Cheeky Parade、東京パフォーマンスドールの妹分・TPD DASH!!などが挙げられる。ここまで多くのグループが“妹分”を結成する理由とはなんだろうか。『グループアイドル進化論 「アイドル戦国時代」がやってきた!』の共著者であり、アイドル専門ライターの岡島紳士氏は、妹分グループが増えた理由のひとつは「ファン以外に名前を知ってもらうため」であると言う。

「“妹分”として人気グループの名前を冠にすると、既存グループのファンは、メインとなるグループを推しつつ、妹グループを応援しやすい状況が生まれます。すでにブレイクしているグループであれば、宣伝効果は抜群です。妹分と銘打たれていたほうが、よりグループのことを知るきっかけとして機能する部分も大きいでしょう」

 また、妹分を作りやすいグループにも特徴はあると続ける。

「大人数グループより、少人数のグループのほうが、妹分を打ち出しやすい、という傾向はあるかもしれません。でんぱ組.incの妹分・妄想キャリブレーション、PASSPO☆の妹分・ぷちぱすぽ☆、SUPER☆GiRLSの妹分・Cheeky Parade、東京パフォーマンスドールの妹分・TPD DASH!!などはその例といえるでしょう。最近では、ゆるめるモ!も妹分のレッツポコポコを立ち上げました。メンバー人数が10人以内であれば、一人一人のキャラを立たせていくことが可能で、妹分という冠をうまく活用しながら、グループの色をつけていくことができます。一方、AKB48をはじめとした大人数のグループの場合、お姉さんグループへの昇格を前提とした『研究生』という立ち位置になることが多いのは、そういった理由があるのかもしれません。また、お姉さんグループのメンバーと妹分グループのメンバーの年齢が変わらない場合、上下関係ができるとややこしいということもあり、妹分という表現を意識的に使わないことも多いのではないでしょうか」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版