>  >  > 乃木坂・新内の働く場所は潰れる?

乃木坂46・新内眞衣の働く場所は潰れる? バナナマン設楽「乃木坂46が潰れちゃうんじゃない?」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
乃木坂工事中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが自分たちのやりたい企画に挑戦する冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)。6月29日放送分では、星野みなみをフィーチャーした内容がオンエアされた。

 同番組は毎回一人のメンバーにスポットを当て、彼女がやりたい番組をスタッフとともに作るというもの。今回は星野が自身のコーナー「みなみの前向き」を立ち上げ、バック転の習得に挑戦した。

 同企画は、星野が様々なことにチャレンジし習得していくというもので、星野は「伊藤寧々ちゃんが卒業してから、乃木坂46のアクロバット枠は空席だから」と理由を述べ、レッスンがスタート。まずはトレーナーが「早い人だと30分くらい、飛び出せなければずっとできない」と語ると、星野は早速前転に挑戦し、難なく成功させた。しかし後転はやや危なげ、倒立前転は叫びながら補助付きで成功、その後は支えられながら空中での動きを体験した。星野は最終的に補助ありのバック転にも挑戦し、徹底的に反復練習を繰り返したところで初日は終了した。星野は初日の練習後「思ったより恐怖心は取れた」と前向きに語ったが、2日目、3日目、4日目の練習も補助に頼ってしまい、思うように上達せず、「ひとりじゃ無理」と本音を漏らした。

 5日目には、これを見かねたトレーナーから補助なしで挑戦の指示を受けた星野だが、チャレンジ2回目で顔から落下してしまい「怖いかも。どうしよう、できない」と号泣。練習を拒否し、更衣室に立てこもってしまった。一度頭を冷やし、10分後に更衣室から出てきた星野は「スタッフさんが1日でできるっていうから…『やってみろよ!』って感じ」とスタッフへ怒りの矛先を向けた。だが、その後も負けず嫌いの性格が作用し、練習を熱心に続けた模様が放送されたところでVTRが終了。本番のスタジオにはマットが用意され、メンバーとMCであるバナナマンの前で挑戦することになった。ここで星野はバック転にトライするが、手の力が弱く、頭が床についてしまうものの90%は成功。先生も「あと少しなんです」とフォローし、本人も引き続き練習を行うことを明かした。その後、バナナマン・設楽統が「どれだけ難しいかやってもらおうか」と語り、橋本奈々未と松村沙友理を指名。2人はトレーナーの補助付きで挑戦し、この動きを体感した橋本は「みなみはほんとすごい」と星野の勇気を称えた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版