>  >  > モー娘。とAKB、OGの明確な違いとは

モー娘。とAKB48、それぞれのOGの進路はどう違う?『テレ東音楽祭』紺野あさ美復活から考える

関連タグ
モーニング娘。
AKB48
JPOP
アイドル
香月孝史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月24日の18時半より放送される『テレ東音楽祭(2)』で、モーニング娘。のOGメンバーとして、飯田圭織、保田圭、矢口真里、石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美、高橋愛、新垣里沙が出演するほか、現在同局でアナウンサーを務める紺野あさ美が一夜限りの復活をするとして、話題を呼んでいる。

 これまでもモーニング娘。は、約一年前に放送された『テレ東 音楽祭(初)』で、中澤裕子、安倍なつみ、飯田圭織、保田圭、石黒彩、吉澤ひとみ、石川梨華が登場し、「LOVEマシーン」「ハッピーサマーウェディング」「恋愛レボリューション21」などを披露しており、彼女たちを誕生させた番組である『ASAYAN』がかつて同局の目玉番組であったことから、実現したであろう同企画で、華やかな復活劇を演出してみせた。これに対し、重ねて来た年齢が違うといえど、同番組で共演するAKB48グループは、メンバーの『限定復活』をテレビでは行っておらず、『チームサプライズ』としての企画やリクエストアワーなどのライブがお披露目の場となっている。

 メディア露出も多いこの2大グループにおいて、それぞれのOGが示すスタンスの違いとは何なのだろうか。『「アイドル」の読み方: 混乱する「語り」を問う』の著者であり、AKB48グループに詳しいライターの香月孝史氏は、グループに所属している時代から、両グループには明確な違いがあるとする。

「モーニング娘。の母体であるハロー!プロジェクトおよびアップフロントグループは、対外的というよりも組織内の関わりを強く保った活動で、芸能界で安定的に活躍するやり方をとっています。メンバーは卒業後もアップフロントとの関係を密にしながらバラエティや司会業、舞台などの活動を行なっていますが、特に紺野さん在籍時のモーニング娘。はテレビタレントとしての認知度も高かったため、当時のOGが今テレビで活躍することのバリューも大きいと思います。一方、AKB48に関しては、グループに所属して活動を経験すること自体が『その後の進路を模索するステップ』でもあります。主要メンバーがそれぞれ別の大手事務所に所属していることもその特性のあらわれですが、各メンバーが進む道の選択肢を広げるという目的もあり、グループの枠組みを越えた幅広い活動に挑戦しています」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版