>  > 矢野顕子、過去の作品をハイレゾ盤で

矢野顕子、オリジナルアルバム5作品をアナログLP&ハイレゾ配信で再リリース

関連タグ
矢野顕子
アナログ
ハイレゾ
ポップス
20150511-yanoakiko2.jpg

矢野顕子『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

 矢野顕子の過去に出したオリジナルアルバム5作品が、7月と11月にそれぞれアナログLP盤&ハイレゾ配信で連続リリースする。7月29日にはその第一弾として『はじめてのやのあきこ』と『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』の2作品が発売予定だ。

 『はじめてのやのあきこ』は、当時30周年を迎えた彼女の記念碑として企画され、2006年3月に発売したアルバムである。井上陽水との共作である「架空の星座」を含んだこの作品には、小田和正、槇原敬之、YUKI、上原ひろみ、忌野清志郎といった豪華ゲストを迎えている。それぞれのアーティストの特長に合わせて加えられた矢野顕子流のアレンジは、楽曲と歌詞にまで至った作品だ。

 『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』は、2009年に逝去した忌野清志郎の楽曲を、矢野顕子自らが選曲・レコーディングしたカバーアルバム。収録楽曲10曲中8曲は、ニューヨーク郊外にある自身のプライベート・スタジオ「PUMPKIN STUDIO(パンプキンスタジオ)」にて弾き語り録音され、エンジニアの吉野金次氏の手により仕上げられたものである。

 今回の全5作品のアナログLP&ハイレゾ音源化では、CDでは感じる事の出来なかった録音時に込められた繊細なピアノのタッチ、楽曲や歌のダイナミズム、そしてアーティスト達の躍動感がそれぞれの特長を持って再現されているそうだ。特にアナログLP化では、アナログカッティングの第一人者である小鐵徹氏が携わっている。

 11月には、弾き語りアルバム『音楽堂』をはじめ、『ホントのきもち』、『akiko』の3作品がアナログLP盤&ハイレゾ配信で予定されている。

20150511-yanoakiko3.jpg

矢野顕子『はじめてのやのあきこ』(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

■リリース情報
【アナログLP盤】
『はじめてのやのあきこ<数量限定アナログLP盤>』
発売:7月29日(水)
価格:3,000円+税

<収録曲(全7曲)>
01.自転車でおいで
02.中央線
03.PRESTO(Acoustic Version)
04.ごはんができたよ
05.架空の星座
06.ひとつだけ
07.そこのアイロンに告ぐ

参加アーティスト:槇原敬之、小田和正、YUKI、井上陽水、忌野清志郎、上原ひろみ
【アナログLP盤】
『矢野顕子、忌野清志郎を歌う<数量限定アナログLP盤>』
発売:7月29日(水)
価格:3,000円+税

<収録曲(全11曲)>
01. 500マイル
02.毎日がブランニューデイ
03.デイ・ドリーム・ビリーバー
04.誇り高く生きよう
05.雑踏
06.多摩蘭坂
07.胸が張り裂けそう
08.約束
09.恩赦
10.セラピー
11.ひとつだけ

【ハイレゾ配信】
『はじめてのやのあきこ<ハイレゾ配信>』
発売:7月29日(水)
価格:2,778円+税/単曲価格:463円+税 *「ごはんができたよ」を除く

<配信曲(全7曲)>
01.自転車でおいで
02.中央線
03.PRESTO(Acoustic Version)
04.ごはんができたよ *アルバムバンドル配信のみ
05.架空の星座
06.ひとつだけ
07.そこのアイロンに告ぐ


【ハイレゾ配信】
『矢野顕子、忌野清志郎を歌う<ハイレゾ配信>』
発売: 7月29日(水)
価格:2,778円+税/単曲価格:463円+税

<配信曲(全11曲)>
01.500マイル
02.毎日がブランニューデイ
03.デイ・ドリーム・ビリーバー
04.誇り高く生きよう
05.雑踏
06.多摩蘭坂
07.胸が張り裂けそう
08.約束
09.恩赦
10.セラピー
11.ひとつだけ

■トレイラー情報
『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』 トレイラーPart1

『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』 トレイラーPart2

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版