>  >  > 乃木坂46、独自路線なぜ成功?

香月孝史が「グループの現在」を解析

乃木坂46が迎えた飛躍の時 「AKB48の公式ライバル」はなぜ独自路線に成功したか?

関連タグ
JPOP
アイドル
香月孝史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46の11thシングル『命は美しい』が、発売初週で50万297枚を売り上げ、3月30日付オリコン週間シングルランキングで1位に初登場、これにより2ndシングル『おいでシャンプー』から10作連続通算10回目のシングル首位を記録した。同時にオリコンによれば、デビューから3年1ヶ月での10作目の首位獲得は、SKE48の4年8ヶ月、AKB48の5年9ヶ月を抜いて、女性グループ史上最速記録となった。

 もちろん、往々にしてこうした記録にはいくつかの留保がつく。「女性グループ」のあり方も時代によって一様ではないし、近年に限っても乃木坂46の順調なステップアップは大前提として、それに先立つAKB48のブレイクやセールス方法の確立を抜きにしては語れないだろう。とはいえ、乃木坂46というグループそのものが、ここにきて加速度的に勢いを増していることは間違いない。2014年にリリースした3枚のシングルもまた、いずれも50万枚を超えるセールスを記録しているが、今作の『命は美しい』はその50万枚突破を、これまでの最速となる発売初週で果たした。セールス的にも知名度的にも躍進の年になった昨年にもまして、2015年序盤の乃木坂46は好調さを保持している。

 乃木坂46のこのような記録が話題になる時、それはとりわけAKB48との対比で注目される。乃木坂46が「AKB48の公式ライバル」という肩書きを持っているためである。当初、AKB48のシャドーキャビネットとして構想され、2012年2月にシングル『ぐるぐるカーテン』でデビューした乃木坂46は、その活動において48グループとの関わりを制限し、一線を画すことでその独自性を保とうとしてきた。そうした独自路線は、AKB48の関連グループであることの優位点を発揮しにくくなることにもつながる。AKB48の各姉妹グループは、AKB48とのメンバーの往還をはじめとした関わりを強めることでその存在を周知し、それぞれのグループに全国区のメンバーを誕生させる施策をとってきた。しかし「公式ライバル」である乃木坂46はそうした流れとは一歩距離を置き、自身の色を模索することの方に重点を置いた。それは48系の姉妹グループに比べて内向きの組織になってしまうリスクがついて回ることでもあったし、結成からしばらくの間はそのウィークポイントも指摘されがちだった。

 しかし、数年間の独自路線が奏功し、目に見えてオリジナルのブランディングを築くようになったのがこの一年だったといえるだろう。ファンがMIXを打つことを前提としない曲作りは決して48グループとの足並みを揃えるものではなかったが、いつしか乃木坂46を代表するようになった鍵盤の旋律と四つ打ちを特徴としたミドルテンポの楽曲は、他の48グループの代表曲にも肩を並べ、あるいは凌駕する存在感を持つようになった。また、特に初期楽曲に関して「ダンスよりも舞踏」という言葉で表された特有の振付も認知度が高まり、そのパフォーマンスは48グループとは明確に異なる特徴を見せている。さらに、シングルリリースごとの個人PVなど映像作品やCDジャケット等のアートワークも次第に注目され、グラフィックデザインの専門誌「MdN」2015年4月号で一大特集が組まれたことも記憶に新しい。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版