>  >  > 関ジャニ∞、新シングルのこだわり

関ジャニ∞、自主レーベル初シングルの仕上がりは? 豪華タッグの挑戦作を聴く

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
佐藤結衣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140927-kanjanith_.jpg

 新レーベルINFINITY RECORDSから、初のシングル『言ったじゃないか/CloveR』をリリースした関ジャニ∞。今作は、錦戸亮主演ドラマ『ごめんね青春!』と大倉忠義出演映画『クローバー』の主題歌になっているダブルタイアップシングル。10月15日の発売日より、4日連続でオリコンCDデイリーランキング1位を獲得している。

 『言ったじゃないか』は、作詞・宮藤官九郎、作曲・峯田和伸という豪華なタッグでも注目を集める1曲。脚本家の宮藤らしいストーリーを感じる詞は1日で書き上げたもので、“そこ抜けに明るい失恋ソングにするには、銀杏BOYZの峯田しかいないと思った”という楽曲エピソードが語られている。キャッチーなメロディで、一度聞いたら誰もが口ずさめる青春ソングだ。

 同封されているDVDにはミュージッククリップが収録されており、関ジャニ∞らしさが詰まっている。まずは、メンバーが人形の身体で登場してしまうところに、ユーモアセンスが光る。関西ならではの、とことん笑いにこだわる姿勢が垣間見える。

 「言ったじゃないか」と連呼するのは、恋に不器用な少年の心の叫び。男くさく、ガムシャラなテイストが関ジャニ∞のスタイルとマッチしている。そして、人形の身体でキュートにエアバンドをしたかと思いきや、リアルにバンド演奏をするシーンへと切り替わるのは、実際に楽器が弾ける彼らならではの演出だ。おもしろさとカッコよさを同時に楽しめる作品に仕上がっている。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版