『今日好き。台北編』しゅうゆあカップルインタビュー 最終日は歌で気持ちをアプローチ

『今日好き』しゅうゆあカップルインタビュー

 現役高校生たちが2泊3日の修学旅行に飛び出し、運命の恋を見つける恋愛番組『今日、好きになりました。』(ABEMA/以下:今日好き)。11月13日に最終話を迎えた『台北編』では、しゅうま(呉愁真)×ゆあんの“しゅうゆあ”カップルが新たに誕生した。

 『台北編』最大の衝撃といえば、このふたりのカップル成立だろう。誇張抜きで、ゆあんが告白を受け入れる1秒前まで、ふたりが幸せに結ばれるなど、視聴者の多くが信じてはいなかったはずだ。それもそのはず。前日夜には、ゆあんから「友だち感が強い」との指摘があり、しゅうまは号泣からの放心状態に。翌日に告白ができるメンタルとは、到底思えないレベルの落ち込みようだったからだ。一体なにが、ゆあんの心変わりを誘ったのか。取材冒頭から直球で、驚きの逆転劇について質問をぶつけてみた。(一条皓太)

『ABEMA』総力特集 人気作品の裏側に迫るインタビュー&コラム

「自分の本心を歌という別のかたちで届けられて本当によかった」(しゅうま)

ーー今回はまず、率直な感想を伝えさせてください。あの状況から付き合えるって、どんな逆転劇なんですか?

しゅうま:そうですよね(笑)。僕自身はゆあんちゃんをずっと好きでいたけれど、結局のところ正直な気持ちをぶつけられたのは最終日になってからだし、2日目のディナーで何度も繰り返された“友だち感”も、会話のなかでずっと感じていました。あの日も最後まで、ゆあんちゃんはひろむ(富口大夢)に対する想いが強かったようだし、だからこそ最後のアピールタイムで、自分の本心を歌という別のかたちで届けられて本当によかったです。

しゅうゆあ

ーディナーでは、ゆあんさんがひろむさんとの2ショットで席を立ったあと、しゅうまさんが放心状態になる場面もありましたよね。その際、たかと(矢口昂歩)さんが献身的に励ましてくれていたシーンが印象に残っています。

しゅうま:本当によき友だちを持つことができたなと思っています。毎日ではないですが、いまはときどき連絡を取ったり、一緒にインスタライブをして楽しんだりしています!

ーーとはいえ、ゆあんさんに対する想いが強いぶん、悲しみもやはり一層に強かったはず。それでも最後まで諦めなかった理由は?

しゅうま:正直にいうと、2日目の夜にはほとんど諦めていたんですよね。ただ、自分の一途さを信じて、最後まで想いを伝えきりたいと思いました。そこから、最終日に歌った自作曲「U & I」の歌詞やメロディを、悩みながらも考え始めたんです。その日の夜はほとんど眠れなかったし、起きてからもずっと作業をしているくらいでした。

ゆあん:実は、私もその夜は、しゅうまが告白してくれても、お断りしようと決めていたんです。でも、振ったら絶対に傷つけちゃうし、いろいろな考えが頭を巡ってしまって。だから、私も全然寝られなかった(笑)。

ーー改めていま、幸せなおふたりの姿を目の前にできてよかったと、ほっとしています。そういえば、ゆあんさんはディナーの際に「もっとドキドキさせてほしい」と、アドバイスめいた言葉を投げかけていましたが、その“ドキドキさせる仕方”には具体的なイメージがあったのでしょうか。

ゆあん:う〜ん、しゅうまからもう少しハッキリした言葉が聞きたかったのかな。あとそれ以上に、その日の夜までの2ショットにはなかったような、もっと別のアプローチを見てみたかったんですよね。

ーーなるほど。言葉とは別、という軸では、歌は大正解だったんですね。告白の瞬間にはどのようなことを考えていたのでしょう。

ゆあん:実は、しゅうまの告白にOKを出すのは決めていたんですけど、同時にひとつドッキリを仕掛けようと思ってて。私が告白序盤、振るような雰囲気を出してみたんですよね。案の定、しゅうまの顔が死んでた(笑)。

しゅうま:本当にそう。告白を待っているときのゆあんちゃんが、遠目に見ても気まずそうな顔をしていて。そんなの絶対に信じるし、見た瞬間に「終わった」って思うじゃないですか。

ゆあん:あの表情もわざとだったから(笑)。

しゅうま:だからこそ、告白して手を握られたときは本当に驚いて。過去の『今日好き』を観ていても、すぐに手を握られないときは、振られちゃうパターンが多いじゃないですか。自分もそうなんだって思ったんです。

ーーゆあんさんから今回の旅で「ワガママをたくさん聞いてほしい」という発言もありましたが、そうした相手を振り回すところもなぜか憎めないし、むしろ男子としては好きになってしまうポイントですよね。

ゆあん:それならよかった(笑)。

しゅうま:最後まで本当に大変な旅でしたが、気まずい表情をされていたぶん、手を握ってくれたときの安心感は桁違いだったのでよしとします。本当に膝から崩れ落ちるかと思ったけどね(笑)。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる