『Breaking Down』のエース・飯田将成、YouTube30万人突破 「食べ歩き」「キャラ弁制作」……“格闘家らしくない”チャンネルが人気の理由

 『Breaking Down』出場後、多くのファンを魅了した飯田将成が、YouTubeチャンネル登録者数が30万人を突破した。

【30万突破!ありがとうございます】

 『Breaking Down』のエースとして呼び声の高い飯田が、11月22日に「【30万突破!ありがとうございます】」と称した動画を公開。飯田は『Breaking Down5』に初出場以降、その圧倒的な強さと整ったルックス、そして謙虚で物腰柔らかな姿勢で多くのファンを魅了している。

 『Breaking Down』出場後に知名度が上がる前から、「トトロのキャラ弁を作ってみた」や、「公園でまったりしてみた」など、格闘技とは一切関係のない動画を公開している飯田。本人曰く「自然が好きでゆっくりしたい」と語っており、以前は朝倉未来と今後のYouTubeの方針について話すシーンもあった。

 その際飯田は「今後もゆったりとした動画や食べ歩き動画を上げていきたい」と話す一方で朝倉は「それ需要あるかな?」と言い、格闘家ファンが気になる動画を上げた方が良いと示唆。しかし、実際は飯田の「食べ歩き動画」の需要は高く、多くのファンが動画公開を楽しみにしている。10月に公開された「【ほろ酔いおかげ横丁食べ歩き】」は、誰ともコラボすることなく、ただ飯田が飲んで食べて歩くだけの動画。しかし、現在125万回再生(2022年11月時点)を超えるほどの人気動画となっている。

【ほろ酔いおかげ横丁食べ歩き】

 格闘家がただ飲んで食べて歩くだけの動画が、これだけの反響を集めているのは、「飯田将成が食べて歩く動画が見たい」と思うファンが大勢いるということ。朝倉の予想に反し、飯田の食べ歩き動画は人気コンテンツとして確立されている。

 30万人突破のお礼動画で飯田は、「30万人いったんで次は50万人」と新たな目標を口にした。「100万人はなんか、おこがましいね」と良い、相変わらず謙虚な飯田。この様子にファンからは「なんでこんなに謙虚な人なんだ」「チヤホヤされても天狗にならず謙虚な姿に好感が持てます」と、人柄の良さに対してのコメントが目立つ。

 『Breaking Down』への出場を皮切りに人気が沸騰した、こめおや10人ニキといったスターの勢いも凄まじいが、両者のYouTubeチャンネルの登録者はまだ20万人以下。このことを考えると、飯田の人気がいかに急上昇しているのか一目瞭然だろう。

 整ったルックスと圧倒的な強さが注目されている飯田だが、この謙虚で優しさあふれるオーラが、さらにファンの心を掴んでいる。今後もこの人気と実力のもと、『Breaking Down』はもちろんYouTuberとしても大活躍が期待される。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる