いつもの日常を新たな目線で切り取る アクションカム「DJI Action 2」の魅力

「DJI Action 2」レビュー

 ドローンやジンバルで知られるDJI社から、新しいアクションカム「DJI Action 2」が、2021年10月27日に発売された。価格は「DJI Action 2 Powerコンボ」が49,500円、「DJI Action 2 Dual-Screenコンボ」が63,800円。 

 このアクションカムのユニークな点は、マグネット着脱によるスムーズな取り付け方法を採用した点だ。GoProやInsta360などをはじめとする一般的なアクションカムは、レンズ一体型の本体のほか、自転車や頭部にカメラを取り付けるためのアタッチメントを必要とする。そのアタッチメントを取り付ける手間を、マグネット着脱によってスピーディにしてしまおうという革新的なコンセプトだ。

 「DJI Action 2」は、液晶画面を備えた56gの超小型なレンズ一体型カメラだ。卵1つ程度の大きさで、簡単にポケットに収まる。筆者はこの持ち出しやすさとマグネット着脱、そしてアクションカムらしからぬ美しいビルドクオリティに、発売当時から注目していた。結論から言うと、この製品は「アクションカムにピンとこない人でも楽しめるアクションカム」だった。

DJI Action 2

 左手に持っているのが本体で、右に見えるのが「フロントタッチ画面モジュール」。外装にはアルミニウム合金が採用され、とても手触りが良い。底面にはマグネットを取り付けるための磁石が仕込まれていて、両サイドには物理ロックするためのツメが備わっている。接合力はとても強力で、無理に振り回しても外れることはなかった。写真奥に見えるのは延長ロッドで、これもとても使いやすいアクセサリーだ。マグネットの「パチンッ」という接着時の感触も心地良く、フィジェット・トイ感覚でつい触りたくなる。

 マグネットで取り付け可能なアクセサリーは他にもあり、スクリーンのない電源モジュール、磁気ヘッドバンド、磁気ボールジョイントアダプターマウント、磁気ストラップなど多数用意されている。冒頭で紹介した2種類のコンボキットには標準でいくつかのアクセサリーが含まれており、必要に応じて新たなアクセサリーを買い足せる。

 「DJI Action 2」には物理ボタンが1つあり、これが電源やシャッターとなっている。ボタン以外の操作はディスプレイからタッチで行う。静止画、動画、スロー、タイムラプスなどの撮影設定が変更でき、設定画質は最高で4K・120fpsまで対応。ホワイトバランスや露出も変更可能で、カメラ本体だけで多くの撮影モードを変更できる。タッチの操作感も申し分なかった。

 実際にタイムラプスを撮影した映像がこちらだ。「HorizonSteady」という強力なEIS(電子式映像ブレ補正)により、自転車に乗りながら撮影しているのに全くブレていないのがわかる。

 手ブレ補正は驚くほど強力で、もう1つのモード「RockSteady 2.0」と使い分ければ、画角に対して水平を取り続けるか、あるいは画角そのものを固定するかを選べる。公式PVの映像がわかりやすいだろう。

※安定化機能
EIS(電子式映像ブレ補正):Rocksteady 2.0+HorizonSteady *100fps以上で録画しているとき、EISに対応しません。動画解像度が1080p(16:9) または2.7K(16:9)の時のみ、 HorizonSteadyは利用できます。

 こうして自転車に乗りながら撮影する場合、体か自転車にカメラを取り付ける必要があるが、これも磁石により簡単に行えた(磁気ストラップを使用)。もしこれがネジ締めやヘッドバンドなどを必要とする場合、これほど簡単には撮影できなかっただろう。マグネット装着は、確実に撮影ハードルを下げてくれている。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる