2022年はゲームの大作ラッシュがヤバすぎる ゲーム機を揃えておかないと「嬉しい悲鳴」が「単なる悲鳴」になるかも

2022年はゲームの大作ラッシュ年

 2022年はおもしろいゲームがたくさん発売されてヤバい状況になる。もちろん「遊びたい作品が山ほど出てきて嬉しい悲鳴をあげる」という意味でもあるのだが、それ以上に困ったことになるかもしれないのだ。

 詳しい話をする前に、まずは2021年を振り返ろう。今年もいいゲームはたくさん発売された。シリーズ8作目にあたり全体の根幹に関わるストーリーも描かれた『バイオハザード ヴィレッジ』、Nintendo Switchで展開した和風の世界観が特徴の『モンスターハンターライズ』も大ヒットしたし、コアなRPGファンは大喜びする『真・女神転生V』も非常に評判がよい。

『バイオハザード ヴィレッジ』(2021年/画像はSteamより)
『バイオハザード ヴィレッジ』(2021年/画像はSteamより)

 海の向こうでも大作がいろいろと発売された。時間のループを脱出するため暗殺を試みる『DEATHLOOP』、広大なオープンワールドを自由に車で走り回れる『Forza Horizon 5』、そして特に海外では人気の高いFPS(一人称視点シューティング)『Halo Infinite』など、人気のゲームはちゃんと出ているといえるだろう。

 個人的に最も気に入っているのは、リアルサウンド テックでも記事を書いた『It Takes Two』である。この作品はふたりで遊ぶ協力プレイ専用のゲームで、離婚寸前の夫婦となって膨大な量の試練(という名のアトラクション)に挑戦する内容だ。

 『It Takes Two』はアメリカのテレビゲームを表彰する式典「The Game Awards 2021」でゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いたほどの作品で、“究極の協力プレイゲーム”といえるほどである。筆者は妻と一緒に遊んだのだが、非常に思い出深いゲームとなった。

『メトロイド ドレッド』(2021年/画像は任天堂公式サイトより)
『メトロイド ドレッド』(2021年/画像は任天堂公式サイトより)

 任天堂から発売された『メトロイド ドレッド』も印象深い。本作はファミコンのディスクシステムから続く「メトロイド」シリーズ最新作なのだが、実は本編シリーズが出るのは約19年ぶり。もはや時代に置いていかれたゲーム……と思いきや、見事なクオリティで現代に蘇り、傑作と評価されている。

 このほかにも言うまでもなく大人気の『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』や、日本のRPGファンには特に刺さる『テイルズ オブ アライズ』などが発売されており、2021年も決して悪くないのだ。悪くはない。しかし、ラインナップを見ているとどこか物足りなさを感じるのも事実である。

 考えられる原因は、新型コロナウイルスの影響だ。ゲーム業界ではリモートに開発体制を変えなければいけない影響もあってか、作品の延期が相次いだ。もちろん2021年内に出た作品もあるのだが、いまだに遅れの影響は残っているようだ。

 そのためか、2022年にはとにかくたくさんの大作が発売される。しかし最初に書いたように、これが問題にもなりうるのだ。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編(2022年発売予定/画像は任天堂公式サイトより)
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編(2022年発売予定/画像は任天堂公式サイトより)

 2022年の注目作はなんといっても『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編だろう。前作は全世界で2413万本も売り上げたうえ、ゲーム業界にも大きな影響を与えている。もともと「ゼルダの伝説」シリーズは人気だったが、従来の作品にありがちな要素をほとんど排してまったく新しい冒険を実現し、さらに爆発的な人気を得た。

 日本には根付かなかった対戦型TPS(三人称視点シューティング)を流行らせたシリーズ最新作『スプラトゥーン3』も2022年内に発売予定である。Nintendo Switch本体も9000万台以上を売り上げており、これらのゲームがより2022年をアツくしてくれるだろう。

『ELDEN RING』(2022年発売予定/画像は公式サイトより)
『ELDEN RING』(2022年発売予定/画像は公式サイトより)

 ポケモンたちが住む広大な世界を冒険できるようになる『Pokemon LEGENDS アルセウス』も1月に発売予定だし、「ダークソウル」シリーズで有名なフロム・ソフトウェアの新作『ELDEN RING』も2月に登場する。

 『The Elder Scrolls V: Skyrim』や『Fallout 4』で知られるBethesda Game Studiosの完全新規タイトル『Starfield』は11月発売予定。3Dアクションゲームとして高く評価されているシリーズの最新作『ベヨネッタ3』もついに2022年に登場する。PlayStationの看板タイトルといえる『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』も2022年に遊べるようになるのだ。

 すでに2022年は何がなんでも遊びたいゲームが出揃ってしまっている。当然ながらまだ未発表のタイトルもあるだろうし、規模の小さい作品もいろいろと出てくるだろう。ゲーム好きにとって2022年はスケジュール帳が埋まりきってしまいそうなほど、山ほど期待の新作が出てくるのだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる