スカイピース、登録者400万人突破 視聴者&新世代YouTuberたちと駆け抜けた2021年

 人気YouTuberコンビ・スカイピースが、年内目標であった登録者400万人を18日突破した。2016年から活動を開始しており、結成5年での達成となる。

視聴者や新世代YouTuberと駆け抜けた2021年

【緊急生放送】チャンネル登録者数400万人行くまで終われません!

 18日に急遽行われた緊急生配信中に400万人を達成。Twitter上では、ハッシュタグ「スカイピース400万人おめでとう」もトレンド入りし、視聴者からのメッセージやファンアートで今もなお賑わいを見せている。達成の瞬間には、涙ながらに二人が抱き合う姿も見られた。400万人という目標は今年3月より掲げてきたが、当時のデータ上では達成できる可能性が30%しかなく、周囲にも無理だと言われていたようだ。毎日3800人の登録者を増やして行かなければいけない状況にあり、それに伴いスカイピースは、今年様々な大型企画や積極的なコラボなど、幅広い動画を多く投稿してきた。その努力あっての今回の達成にあたる。

 また生配信の終盤では、同じく年内中に登録者300万人達成を掲げているコムドットがお祝いに駆けつけ、こちらもまた感動と話題を呼んだ。2組は互いを盛り上げるため、「スカイドット」というユニットも結成するなど、たくさんのコラボ企画を撮影してきた盟友ともいえる。その一つとして、今月行われた「チャンネル登録者数大運動会」というものがある。白組にスカイピース、紅組にコムドットが代表となり、中町兄妹、夜のひと笑い、くれいじーまぐねっと、平成フラミンゴ、きりたんぽら新世代YouTuberが続々と参加。1カ月間で増えた各チャンネルの登録者数を点数にし競い合うという、YouTube界を巻き込んだ大型企画を開催した。その結果、白組は約85万人、紅組は約95万人を1カ月で増やしており、代表を務めた2組を通して、新しい世代のYouTuberたちが一致団結し、YouTube界の勢いや新しい盛り上がりが起こったのだ。

 また、コムドットのリーダー・やまとからは、コンセプトや目標数字をしっかり掲げ、それを公に発表することの大切さを学んだとも、テオくんが発言しており、今回の400万人を掲げるきっかけにもなったようだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる