水溜りボンド、スカイピース・テオくんへの愛を語る トミー「こんなこと言われても困るよね……」

 人気YouTuber・水溜りボンド(カンタ、トミー)が8月25日、サブチャンネル「水溜りボンドの日常」にて、同じくコンビYouTuberとして活躍するスカイピースのテオくんに“一方的な愛”を伝えるコラボ動画を公開した。

【テオくんは行ってない】無人島を経てさらに仲良くなった3人で絆を確かめ合う会!!

 8月21日から24日まで4日間、夏休み恒例の企画として、「人気YouTuberからもらったアイテムだけで無人島生活をする」という動画シリーズを投稿した水溜りボンド。同企画でスカイピースから託されたアイテムのひとつが、テオくんの等身大パネルだった。そのことで、無人島生活本編でもその場にはいないテオくん(のパネル)が動画を賑やかに盛り上げるという、間接的なコラボが実現。その流れで、テオくんを交えて無人島の思い出を語ろう、というのが今回の動画の趣旨だ。

 もちろん、テオくんは実際に無人島には行っていないので、実際には水溜りボンドの2人に一方的に思い出話をされることに。最初こそ、パネルと本人を比較して「パネルより痩せて見える」(カンタ)、「細く見えたのよ」(トミー)と、本人とパネルを区別して話していた2人だが、無人島生活でテオくんパネルに愛着が湧いたこともあり、一緒に無人島生活を送ってきた、というノリで話し出すことに。

 ネタとしてのスタンスだけでなく、トミーは実際に、パネルと本人を勘違いして驚いたことが何度もあるという。これにはテオくん本人も共感したらしく「うちにも一体いるんですよ。あれに毎回ビックリします」と、パネルのクオリティの高さを語っていた。水溜りボンドのメインチャンネルでは、パネルが本物のテオくんになっている、というドッキリ動画もアップされており、合わせてチェックしたい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!