【Amazon高評価8選】使いやすさ抜群のスマホ・タブレットスタンドはどれ?

使いやすさ抜群のスマホ・タブレットスタンド

 いつでもどこでも好きな場所で好きな時間に、電話やネットサーフィンをすることができるスマートフォンやタブレット。

 使い終わったあとには適切な場所に設置して相応の充電が必要だが、そこら辺の床に放置すると足で踏んで破壊してしまうので、できればちゃんとしたスタンドに立てかけておくのが望ましい。

 この手のスタンドは今や多種多様な機能を搭載した物が多数出回っており、よりどりみどりだが、逆に何を選んだら良いのか分からないのも実情だ。

 そこで今回は、使いやすさ抜群の製品をいくつかご紹介していくことにしよう。

Nulaxy スマホスタンド

 Nulaxy スマホスタンドはオーソドックスかつ、スタンダードなデザインと機能を搭載したスタンドだ。爪の部分にスマホ本体を引っかけ、隙間からケーブルを差し込んで無理なく充電が可能。4~10インチのサイズまで対応し、1.8cmまでの厚さであればケースに入れたままでも設置OK。縦置きや横置きも自由自在。回転できる部分が2か所あり、適度な硬さにより乗せた重みでずり落ちてくることもない。自分にベストな高さと角度を調整して、最適な位置を見つけて楽しもう。

aceyoon タブレットスタンド

 通常のスマホスタンドはタブレットも立てられる物が多いが、流石にあまりに大きなサイズの物を横置きすると安定性に欠けてスタンドと一緒に共倒れしてしまうことがある。そんな時はこの2連設計のタブレットスタンドを使えば安心だ。4~13インチのサイズに対応し、スマホであれば2台を同時に設置可能。ホルダーを折りたためば手のひらサイズに収まるので持ち運びも容易。底面にはシリコンパッドがついており安定性も高く、アルミニウム素材で耐久性は抜群だ。

‎Punming 寝ながらスマホアームスタンド

 仕事や学校がお休みの日や就寝前など、ベッドに横になって端末をイジりたいことが良くある。そんなものぐさ太郎必携の、自由な位置に設置可能な「寝ながらアーム」は各社から販売されているが、自由に曲がるアームの素材が柔らかすぎて安定性に欠けていたり、角度調整が上手く行かなかったりと外れの商品が多々あるのが実態だ。本品は安定性抜群のアルミニウム合金製。ボールジョイントをラチェットでロックして、強固な支えでガッチリとスマホを固定する。多機能伸縮式両方ホルダーには三脚穴が空いており、4.6~11インチまでのサイズに対応する。2段伸縮アルミニウム製ポールは任意の高さまでの調整が可能だ。なせかBluetoothリモコンが付属しており、スマホに接続して自撮りまでできてしまうのは驚きだ。

MOFT X タブレットスタンド

 スマホやタブレットのスタンドは、外出の際は単独で持ち歩かざるを得ないため、つい持参するのを忘れてしまい、悔しさで涙で枕をぬらすことが少なくなかった。そんななかMOFT Xは超薄型で超軽量。縦置きで最大3.2kg、横置きで最大5.4kgの耐荷重を誇る iPad Pro 9.7~13インチ用タブレットスタンドだ。最大の特徴としてスタンドの裏面が自己吸着シートになっていて、タブレットの裏面にペタリと貼りつき置き忘れなしで一緒に持って歩ける。これは思いのほか使いやすい。ラインナップにスマホサイズもあるので、忘れ物が多い人にとってはまさに福音だ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる