【Amazon高評価】買い換えにおすすめのマウス・キーボードは? ロジクール、エレコム など

買い換えにおすすめのマウス・キーボード

 古今東西、パソコンがいかに高スペックや多機能になろうとも、データを入力するポインティングデバイスとして、不動の地位を保っているのが、マウスとキーボード。

 これらは作業効率を上げる上においても、定期的な買い換えが望ましい。

 今回は安物買いの銭失いにならないよう、Amazonで高評価やベストセラーのマウス&キーボードをそれぞれ紹介していこう。

 ※後述するゲーミング用マウスやキーボードは、性能的には一般向け商品の上位互換につき、仕事や学業用としても、問題なく利用が可能だ。

Logicool(ロジクール)/MX Master 3

 コンピューターを始め、音楽、ゲーム業界など、様々な方面に優れた周辺機器を提供しているLogicool(ロジクール)。今だ高い信頼性を誇る老舗のメーカーだ。

 本機は、1秒間に1,000行のスクロールが可能な、MagSpeed™電磁気スクロールを搭載。手の平の丸みに合わせて作られた美しいフォルムは、親指の収まりも良く、快適に操作を行える。またロジクールDarkfield™トラッキングにより、超精密な4,000dpi精度で、ガラス面を含め、マウスパッドの素材を選ばずにトラッキングが可能だ。

東プレ/REALFORCE R2

 プログラマーやマスコミなどの記者、Webライターなど、キー入力が必須の業界人の間で、圧倒的な支持を得ているのが東プレのキーボード。

 軽快な打鍵音、かつフェザー(羽毛)タッチで、キー圧が非常に軽いにもかかわらず、文字を確実にインプット可能な、静電容量無接点方式を搭載。ユーザーのストレスを軽減してくれる。

 5,000万回のキー入力耐久試験もクリアしており、高額ではあるものの、ハイレベルな機器を長期的に愛用したいユーザーにおすすめだ。

Kensington(ケンジントン)/Pro Fit Ergo Vertical ワイヤレストラックボール

 ノートPCの持ち出し禁止ワイヤーロックでお馴染みのKensington(ケンジントン)も、PC周辺機器をリリースしている。こちらは親指で、34mmのボールを回転させて操作をするトラックボールと呼ばれる商品だが、操作性はマウスに引けを取らない。

 本体に60度の傾斜を付けることで、手首を動かさずに前腕部の負荷を軽減し、9つのプログラム可能なボタンから、数多くの操作が可能。光学トラッキングセンサーの精度も高い。2.4GHzだけでなく、Bluetoothでもワイヤレス接続可能なのは魅力的だ。

PFU(ピーエフユー)/HHKB Professional HYBRID Type-S

 東プレと双璧をなすメーカーとして有名なPFU。イメージスキャナーでは世界シェアNo.1だが、高品質なキーボードを提供していることでも知られている。HHKBとは、Happy Hacking Keyboardの略。キータッチの心地さに定評のある、静電容量無接点方式を採用し、高速タイピング性(Speed)と静粛性(Silent)に優れた極上のキータッチを実現している。Bluetooth接続とUSB Type-C接続の両方に対応し、サイズも小さく軽量で持ち運びやすいので、その名の通りHappyな気持ちになること請け合いだ。

Razer(レーザー)/Razer Basilisk Ultimate

 ゲーミングデバイスに特化した商品をリリースしているRazer。操作感を大きく左右するマウスの解像度(感度)は、一般的なマウスが、数百dpi程度なのに対し、Razerは数千~数万dpiという化け物級スペックを誇る。本機に至っては、怒濤の20,000dpi。思わずゴメンナサイしてしまうレベルだ。バッテリーも100時間持ち、プログラマブルなボタンを11個も搭載している。Razer HyperSpeed技術により、ワイヤレスによる操作の遅延を感じさせないそのテクノロジーは、正にゲーマー御用達。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる