不破湊の「にじさんじラジオ体操部」を振り返る 貴重な交流の場を創り上げた、ひと夏の物語

「にじさんじラジオ体操部」を振り返る

 折り返し地点の15日。にじさんじ正体不明のピエロ・ジョー・力一、病院で働く女の子・健屋花那、ミニマム黛灰(3回目)と、にじさんじのクイズ番組「にじクイ」メンバーが参加。実際にクイズも用意されており、朝からクイズ大会に。黛灰による、完璧な解説も必見だ。

 16日目はまさかのにじさんじ外、そしてVTuber外からの参加。忍ism所属スマッシュブラザーズのプロゲーマー・あばだんごが、ラジオ体操部初めてとなる実写での参加となった。リアルで分かりやすい体操により、リスナーも理解が進んだのではないだろうか。

 17日目の参加者は、闇夜を駆ける女怪盗・ルイス・キャミーと、とある神社に祀られている神様・フミの2名となった。白雪巴と3人でアイドルユニット「フルトイ」と呼ばれている3人。誕生日で24時間配信していたレヴィ・エリファ(1回目は映像での参加)も声で参加することとなり、(メリークリスマスと書かれた)ケーキでお祝いもしていた。

 18日目は、教会で過ごす本物の清楚・シスター・クレアが参加。普段は絡みの少ない2人で、不破湊の緊張した様子も見られたが、清らかな空間に癒された視聴者も多数いたに違いない。

 19日目。実験大好き系女子高生・葉加瀬冬雪、コーヴァス帝国から来た女騎士・フレン・E・ルスタリオ、有数の金持ちが集う魔法学校、私立帝華高校の2年生・鷹宮リオンとアイドルユニット「▽▲TRiNITY▲▽(とりにてぃー)」の3人が参加した。鷹宮リオンは諸事情によりチャットで参加という、新たな形態も面白がられていた。

 3分の2が終了した20日目。ソロ配信も雑談で盛り上がりを見せていた。不破湊クイズでは、にじ3Dを活用したサムネイル事情に触れたり、過去のラジオ体操を振り返るなど、視聴者と共に楽しんでいた。

 21日目、ゲストにはメイドとして働くお花の妖精・エリー・コニファーと好奇心旺盛な11歳の小学5年生・童田明治(わらべだめいじ)を迎え、まさしく両手に華のラジオ体操回に。体操はエリー・コニファーのフルート演奏による特別感あるものとなった。

 22日目は、前日に開催された『Apex Legends』の大会「VTuber最強決定戦」会で優勝した、日英ハーフの女の子・星川サラが参加。「ホシミナイト」とも呼ばれる2人は久々のコラボだったが、オールでの参加ということもあってか、楽しそうに笑っていたのが印象的だった。

 23日目の参加者は、デビューしたばかりの新人ライバーの1人である、マッドサイエンティストのレオス・ヴィンセント。不破湊は、ヴィンセント博士を訳して「ヴィン博」という新たなニックネームで呼びかけたり、『魔界村』の配信について触れ、距離を縮めていた。お互い耐久配信を行っていることから、コラボにも期待できそうだ。

 24日目は、ゲストとしてにじさんじゲーマーズの”突然天使の如く舞い降りてきた超癒し系男子”・叶が参加。朝から叶の予測変換事件に触れつつも、Twitterの話で盛り上がっていたように思う。珍しい2人のコラボを楽しめたリスナーも多いのではないか。

 25日目は、新人ライバーであるエデン組の5人が集まる配信となった。(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)今までもっともにぎやかな配信となったが、ラジオ体操の際は不破湊のみ動いているようなシュールな絵面となった。

 26日目。参加者は、元石油王であるイブラヒムと冒険家のラトナ・プティ。マインクラフトの城建築に関わっている10歳の魔法少女・勇気ちひろも来る予定だったという。にじ3Dを活用して、じゃんけんや指スマで遊んだり、向きを変えて背中をツンツンし合うなど、可愛らしい様子が見られた。今後もゲームなど、コラボ配信に期待できそうだ。

 残り4日となった27日目のラジオ体操は、不破一人での配信。コラボよりは眠そうな雰囲気を醸し出しつつ、「好きな回・推し回があればうれしい」などと話していた。

 28日目のゲストは、初回からコメント欄などで配信を温かく見守っていた2人、三枝明那と鷹宮リオン。好きな回をそれぞれが振り返っており、三枝明那は夏らしい椎名唯華・夜見れな回、鷹宮リオンはお盆回のきゅうりとナスや雨の一人配信など、こだわりがある部分を気に入っていたようだ。不破湊本人は、初めてコラボするライバーとの配信に喜びを感じているようで、特にシスタークレア様との回が印象的だったと挙げていた。

 29日目。残すところあと1日となったこの日は、ゲストはおらず1人での配信。このラジオ体操企画は、引継ぎなどの話もあったが、一旦終えるようだ。来年の夏にまた再開するかもしれないとも話していた。

 30日目。総勢22人という最多の参加となった8月31日、最終の配信。全員に「おはよう」と声をかけ、「この夏はどうだった?」と話しながらラジオ体操をする不破湊はとても嬉しそうな様子だった。全員で「いってらっしゃい」と締めるも、非常に賑やかな朝となった。最後には不破湊が今までの配信を振り返る映像が流れ、感動的なストーリーの幕を閉じた。

■最終日参加者
渋谷ハジメ、桜凛月、鈴木勝、甲斐田晴、レオス・ヴィンセント、轟京子、シスター・クレア、白雪巴、加賀美ハヤト、黛灰、舞元啓介、剣持刀也、三枝明那、アルス・アルマル、早瀬走、鷹宮リオン、天宮こころ、伏見ガク、ジョー・力一、弦月藤士郎、エリー・コニファー、メリッサ・キンレンカ

【#にじさんじラジオ体操部】健康計画終了 ” 最終日 “【にじさんじ】

 実際にラジオ体操に参加していなくとも、コメント欄にてメッセージを残す三枝明那、鷹宮リオンなどのライバーや同時視聴していたアルス・アルマル、渋谷ハルやnqrseなどにじさんじ外のVTuber・ストリーマー・歌い手等の応援もあったようだ。初めてコラボするメンバーも含め、先輩ライバー・後輩ライバー・新人など関わらず、総勢約50名の参加者が関わった。にじさんじライバー健康計画として始まったラジオ体操部としての企画だが、実際に数多くのにじさんじライバーにとって「交流の場(出会いの場)」を実現させた不破湊の魅力は伝わってるだろう。通常のゲーム配信やイベント等で忙しいにもかかわらず、1カ月間毎朝配信をやり遂げた不破は、他のライバーからも賞賛されていたようだ。「まだ続けてほしい」という声も多数あるほど、にじさんじファン・不破湊ファン、そしてライバーにとっても、毎日が神回ともいえる企画だった。

 



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる