後輩からも愛される、にじさんじ元1期生・えるが届ける“多彩な声色とセンス”

 仕事やプライベートの都合などで配信しない日もあるが、朝10時から「朝活」と題してAPEX配信を1年近く続けており、公式グッズとして「えるのFPS語録ボイス集」を発売したり、自身がもっとも愛するキャラクターであるローバ・アンドラーデの日本語版声優である御沓優子ともコラボ配信をするなど、その影響は非常に大きい。それまでは「どんな配信にしようか?」と悩むことが多かった日々を過ごしてきたなかで、彼女の活動を一変させた出会いだったといえるだろう。

 2020年1月からは緑仙、三枝明那らとともにRain Dropsとしての活動を開始。彼ら2人に比べれば歌動画などは少ないが、コンピレーションアルバム『IMAGINATION vol.1』やにじさんじ内ライバーが中心となった『にじさんじMusic MIX UP!!』『SMASH The PAINT!!』に参加しており、持ち前の声色を活かした歌唱を披露している。

 それだけでなく、6人それぞれの異なった声色と調和性に重きをおいたRain Dropsの音楽において、「声」の魅力を求められた彼女の存在は大きい。気さくで和やかな性格や配信中でも映える声色をもった彼女には、元1期生として活動を続けてきた芯の強さや理知的な表情がチラリと伺える。今後彼女がどのようなスタイル・内容の活動を見せてくれるのか、非常に楽しみだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる