にじさんじ、新ライバー5名「エデン組」に集まる期待 1年ぶりのデビューで変化したVTuber業界に与える衝撃

にじさんじ、「エデン組」に集まる期待

 VTuber事務所「にじさんじ」より1年ぶりにデビューした、5名の新メンバーが話題を集めている。この1年間でVTuber界も大きく変化したが、熱気が集まる最中のデビューとなった彼らの人気度に注目したい。また先輩ライバーとの絡みなど、見どころも紹介する。

この1年間で、VTuber界はどのように変化したか?

 まず一番最初に言えるのは、やはり「人気」という言葉の意味の変容ではないだろうか。
この1年を通して、VTuber自体の数が増え、日本だけでなく世界からの「人気」もより多く集めている。新型コロナウイルス感染症による影響もあり、英語圏・アジア圏への海外進出や、テレビ番組への出演・公式番組の放送、全国ツアーライブなど影響力のあるイベントが多かったのではないだろうか。またさまざまな企業によるタレント起用など、興味がない人も目にすることが増えたため「知名度」があがったと考えられる。ゲーム配信の面でも「人気」を獲得したVTuberが非常に多くみられた。

大手VTuber事務所にじさんじの新人へ高まる期待

 そんなVTuberブームといえる状況の中、デビューを果たした5人。大手事務所「にじさんじ」からの新人デビューは1年ぶりということもあり、先輩ライバーや視聴者からの期待は高まる一方だ。彼らは、2021年7月19日にTwitterを始め、22日にはYouTubeでの初配信がリレー形式で行われた。今回は新人バーチャルライバー、「エデン組」と呼ばれる5名をそれぞれ紹介する。

アクシア・クローネ(Axia Krone)

<プロフィール>
機動歩兵部隊「スローンズ」のパイロット。 
稼いだ金は貧しい人のために使っていて、 常に金欠。
■YouTube: https://www.youtube.com/channel/UC8oPnditPSp5lZu45fnXWCA
■Twitter: https://twitter.com/AXIA_96NE

 リレー式の初配信でトップバッターを務めていたアクシア・クローネは、黒髪に猫っぽい顔付き・青系統の衣装と背景が印象的だ。ゲーム好きで、特にFPSやMMORPGを好み、『Apex Legends』はマスター帯を踏んだ経験もあるほどの実力で、配信でもその腕前を見せている。一方ホラーゲームが苦手で、甘いものが好き、マイブームが料理など可愛らしい一面もある。虫は特に苦手なようで、『Minecraft』に出てくるクモを非常に嫌がっていた。『Apex Legends』配信以外にも『ポケットモンスター ソード』や『マリオカート8』の配信をしている。稀に見られる口の悪さは「悪シア腹黒ーネ」ともいわれており、新たな一面も見せている。

ローレン・イロアス(Lauren Iroas)

<プロフィール>
都市警備部隊に所属する青年。 
往々にして陰謀渦巻く街は、 彼をあまり寝かせてくれない。 
■YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCgmFrRcyH7d1zR9sIVQhFow
■Twitter: https://twitter.com/Lauren_iroas

 「こんにちワッサ!」のあいさつが印象的な警官のローレン・イロアス。赤髪にエメラルドの瞳、「主人公」と自ら名乗る彼だが、初ツイートから誤字をしていたり、初配信で名前を噛むなど、ゲーム中でも芸人のようなオチがあるのも見どころだ。挨拶はメッシャーズの3人やイブラヒムなど、先輩ライバーにもいじられていた。好きなことはゲームとアニメ。彼もまたゲームが得意で、『Apex Legends』ではプレデター、『VAROLANT』ではイモータルだったこともあるようだ。『Apex Legends』のほかには、『龍が如く』の配信などがあり、FPSだけでなく様々なゲームに挑戦したいとのことだ。ゲーム配信中でも少し歌を歌うことがあるようで、その上手さに切り抜きもちらほら見られる。「歌枠」としても期待できそうだ。

 いま紹介したアクシア・クローネとローレン・イロアスは、部隊名と同じ「THRONS(スローンズ)」というユニット名で呼ばれる。2人の初配信で『It takes two』をプレイする際には、アクシアの機材トラブルをローレンが助けていたところが印象的だった。『Minecraft』やApex等、他のゲームを一緒に配信することも多く、お泊まりをしていたりと、非常に仲が良いようだ。ChroNoiR(クロノワール)の後を継ぐ相性の良さにも期待を集める。

レオス・ヴィンセント(Leos Vincent)

<プロフィール>
日々怪しい薬について研究するマッドサイエンティスト。 
彼の研究室からは、 毎日のように爆発音が聞こえてくるという。 
■YouTube: https://www.youtube.com/channel/UC-6rZgmxZSIbq786j3RD5ow
■Twitter: https://twitter.com/Leos_Vincent

 初配信前から注目を浴びていたのは、Twitterであげられていた彼の胸元にいる「まめねこ」の絵。配信前後の映像やメンバーシップのイラストを全て自作するなど、絵の実力は言うまでもない。初配信では、準備が間に合わず謝罪配信となった様子が話題となっていた。改めて完璧な準備をして挑んだ、レオス・ヴィンセントの“真”初配信もぜひ見ていただきたい。「○○ですねぇ~」といった特徴的な話し方は、にじさんじの先輩ライバーやリスナーにも「レオス構文」として知れ渡っているようだ。新人歓迎会に遅刻するなどの裏話もあり、黛灰には「見込みがある」と言われていた。初配信の次から『超魔界村』の耐久配信をするなど、長時間配信することも多く、度胸があるライバーの一人ではないだろうか。

オリバー・エバンス(Oliver Evans)

<プロフィール>
若くして教授にまで上り詰めた青年。 
顔が良いこともあり、 彼の授業には女生徒が非常に多い。 
生徒からは「プロフェッサー」と呼ばれている。 
■YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCqjTqdVlvIipZXIKeCkHKUA
■Twitter: https://twitter.com/oliverD_23

 Twitterでは「ネット苦手民」の雰囲気を醸し出していたオリバー・エバンス。デビュー当初、ネットに詳しくなかった長尾景にも触れられていた。初配信では、教授らしいイケボと流暢な英語を披露し、沼にハマった人も多いのではないだろうか。190㎝の高身長でお酒好き。時折柄の悪さを見せるも「組長」とも呼ばれているようだ。雑談配信が多いように見られるが、『バイオハザード』の耐久配信や『龍が如く』等のゲームもプレイしている。また、先輩ライバーである、弦月藤士郎、椎名唯華、剣持刀也らの凸待ち配信や、不破湊のラジオ体操、国際コラボにも自ら参加するなど、先輩とも積極的に絡んでいる様子が印象的だ。今後のコラボ配信にも期待したい。

レイン・パターソン(Lain Paterson)

<プロフィール>
腕利きのボディーガード。 
かつて命を救われたことから、 サメを溺愛している。
■YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCRm6lqtdxs_Qo6HeL-SRQ-w
■Twitter: https://twitter.com/Lain_Paterson

 今回のデビューでは唯一の女性。絵師が同じであることから、魔界ノりりむの“妹”としても注目を集めていた。初配信では、可愛らしい声でリスナーの心をつかんだ。好きなものは抱えている「ホオジロさん」。リスナーに「君たち」と呼びかける姿や口癖の「うん」が可愛いと話題になっている。エデン組の配信を楽しみにしている様子を見ると、同期のメンバーが大好きなようで、よく一緒に遊んだりもしている。雑談配信だけでなく、『Apex Legends』や『入国審査官』、ホラーゲームなど多岐にわたるゲーム配信を行っている。りりむとの姉妹配信も見どころ満載だ。

 にじさんじ公式チャンネルで行われた「#新人さんいらっしゃい!」では、新人ライバーのプロフィールやエピソードを、 先輩ライバーである西園ちぐさと舞元啓介が直撃インタビューをし、5人について根掘り葉掘り聞いていたので、こちらも合わせて見ると楽しさが倍増する。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる