後輩からも愛される、にじさんじ元1期生・えるが届ける“多彩な声色とセンス”

 現在のにじさんじで活躍しているライバーは、以前から何かしらのクリエイター活動を続けてきた方が選ばれている傾向にあり、にじさんじは才能を表現する場所としての裾野が広がっている。

 この状況を鑑みれば、「歌やゲームが好き」というだけでは入り込む隙間がないことや、それ以外のオリジナリティが重要だということに気が付く方もいるだろう。

 では、にじさんじ元1期生はどうだろうか。元1期生の8人はストリーマー/配信者を念頭に置いて選考されているわけではなく、一般向けに発表する無料配信アプリのテストユーザーだったことは広く知られている。

 最初期の配信を見れば、配信設定でミスをすれば協力してトラブルを解決しようとしたり、8人の配信時間を調整して途切れることがないよう配慮していた時期があったりなど、いまとは全く違い、不慣れながらもDIYなムードで視聴者に「にじさんじ」を届けようと四苦八苦する8人が見られる。

 いくつかの配信で語られているが、元1期生を選んだ基準は「声」だったと言われている。これは元1期生の数名が同意しているので、大きな要素だったことは間違いない。樋口楓と月ノ美兎がシンガーとしてデビューしていることも踏まえれば、「声」がいかに重要なファクターであるかが分かるだろう。

 今回紹介するえるも、彼女らと同じ元1期生だ。エルフの国から東京に上京してきたエルフの女の子で、「える」は仮の名前。本名を書くと字数が多くなってしまうので割愛させていただくが、23の単語で綴られるその本名に負けないほど、彼女はいくつものキャラクターをモノマネできてしまう多彩な声色とセンスを持ち合わせている。しかもその突飛さや捉え方も、どこかにじさんじらしいマニアックなセンスがある。

【二十面相?】えるの物まねレパートリーが多すぎる件【にじさんじ / 公式切り抜き / VTuber 】

 普段のテンションであれば人懐っこく優しい印象だが、一度話し出すと止まることを知らぬおしゃべり好き。雑談やゲーム配信中に火がついてしまうと、一人コントや上述したモノマネを流れるように始め、見ている者を楽しませてくれる。

 現在公式サイトにも書かれている「話し始めたら誰にも止められないどんぐりマシンガントーク」という紹介文にも負けることのない、彼女のオリジナリティだと言えよう。

 元々は温かくやわらかな声色なのだが、喜怒哀楽がトーンや口調にもハッキリ出やすいこともあり、イジリ役が多い元1期生との会話ではイジられやすい立場になりがちだが、笑い上戸で気さくな性格は後輩ライバーや外部のストリーマーに愛されており、コラボ配信の多さからもそれが伺える。

 おしゃべり好きで愛されキャラ、100件を超える雑談配信には驚くが、いま現在の彼女といえば「Apexプレイヤー」と思うファンも多いだろう。2019年7月19日にコラボ配信で初めてApexをプレイして以降、その後積み重ねてきたAPEXプレイ配信は400件を超えている。

 プレイ中にもおしゃべりが途切れることはなく、周りの状況を確認しつつナチュラルに一人コントを始めたり、急な接敵などで多少の暴言を吐くなど、彼女らしいトークのなかにFPSプレイヤー気質が宿ったことによって、スーパープレイで魅せるというだけではない、オリジナリティあるFPS配信が生まれている。

【Apex】える、初めてのばきゅんばきゅんゲーム。【超初心者】



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる