次世代人気YouTuberフォーエイトが、2年弱でチャンネル登録者数150万人を突破できた理由

フォーエイト、チャンネル登録者150万人突破の理由

 フォーエイト結成のきっかけとなった、TikTokの企画も注目を集めている。2021年8月14日に「TikTok Summer 2021」という、TikTokでバズった楽曲を集めて作った歌とダンスをこたつのTikTokアカウントで公開。そのMVをフォーエイトのYouTubeチャンネルに投稿している。TikTokでは有名クリエイターをはじめ、多くの人がTikTok Summer 2021の歌に合わせてダンスしている動画をアップ。YouTubeに投稿したMVは、711万回再生(2021年9月6日時点)を突破しており、視聴者人気が高い動画の一つになりそうだ。コメント欄が視聴者それぞれが思うMVの好きなポイントで溢れていることから、見どころやフォーエイトメンバーの魅力がつまったMVになっていることがわかる。この動画の他にも数々のTikTokに関連した企画が行われており、メンバー全員がTikTok出身者ということもあってか見ごたえのある動画になっている。

[【大公開】TikTok Summer 2021 完全未公開の裏側シーン& NGシーン!!]
 

 TikTokが誕生して間もないころからフォーエイトメンバーのほとんどが動画投稿に力を入れており、メンバーそれぞれの性格に関心が集まっていたからこそ、YouTubeでの活動も見守りたいというファンがいたのではないだろうか。また、長編動画を投稿できるYouTubeを通して、フォーエイトの家族のような関係性やメンバーそれぞれのパーソナリティなど、より多くの魅力が視聴者に伝わっていると感じる。多くの新人YouTuberが誕生し続けているいま、YouTube上で有名になるには、TikTokやinstagramなど他のSNSでの反響が重要なのかもしれない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる