三浦大知、人柄溢れるゲーム配信の魅力 視聴者をゲームの世界観に引き込む話術が素晴らしい

 芸能人や著名人が好きなものを追求することに重きを置いたYouTubeチャンネル。テレビや雑誌などのメディアに出ている姿とは、また違った表情を見せてくれて、コメント欄などを通じ交流ができるという意味でもファンにとってはうれしいコンテンツだろう。

 例えば、女優でモデルの本田翼はゲーム好きで有名だが、2018年9月にYouTubeチャンネルを開設し、1本目はサバイバルホラーゲーム『Dead by Daylight』のゲーム実況動画を配信した。顔出しせずの動画だったが、音声だけでも彼女の人柄と可愛さが滲み出ている内容となっていて、大きな反響を呼んだ。芸能人によるYouTubeの可能性を広げた、先駆け的な存在と言えるのではないだろうか。

 2021年になりますます多様化するYouTubeだが、そんな中、1人のガチゲーマーがゲーム実況を専門に行うYouTubeチャンネルを開設した。その人物は、アーティストの三浦大知だ。

 三浦はチャンネル開設に合わせて、ゲーム用のInstagramアカウントもオープンさせた。ゲームは「ライフワークのようにやっている」そうで、チャンネルの概要欄にも「音楽と同じように昔からゲームが大好きで、沢山のアイデアや知識、インスピレーションをゲームというエンターテインメントから受けとり、学んできました。いつかはやってみたいと思っていたゲーム実況。皆さんとゆるーく、リラックスしながら、沢山の素晴らしいゲームを通して一緒に楽しい時間を過ごせる場所になればと思っています」と記載されている。なんとも丁寧な文章だ。

 そんな三浦の動画は顔出しは一切せず、純粋なゲーム実況を届けている。文章と同じくプレイも実に丁寧で、また声の良さも手伝って、音声を聞いているだけでも心地よい。トークも非常に上手く、エンターテイナーとしての実力の高さを感じさせる内容となっている。

 三浦はここ最近、サバイバルアクションゲーム『The Last of Us(ザ・ラスト・オブ・アス)』に挑戦中だ。ストーリー性の高いゲームだが、ドラマチックな展開の場面を迎えても、比較的冷静に対応する三浦。一方で、つねに死と隣り合わせの世界を旅する主人公・ジョエルに感情移入し、視聴者をゲームの世界観に引き込んでいくような話術はやはり見事だ。

 アーティストとして活躍する三浦は切れ味鋭いダンスと研ぎ澄まされた表現力で多くのファンを魅了している。そんな三浦がライブ以外で、ファンと交流する場に選んだのがYouTubeだ。なんとも優しい世界観が繰り広げられていて、動画を見れば心穏やかになれることだろう。そういった意味でも、今後も、YouTubeを通じて三浦とファンの距離は近づいていくに違いない。引き続き、三浦のチャンネルを注目しよう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる