石橋貴明、今年も“24分間テレビ”ランナーに挑戦 「24時間テレビ」パロディ企画で発揮された真骨頂

 とんねるずといえば、冠番組で数々の名作パロディコントを作ってきた。例えば、石橋貴明が霊能者・宜保愛子をパロディー化した宜保(イボ)タカ子だったり、木梨憲武が『仮面ライダー』に扮した仮面ノリダーだったり、数々の人気キャラクターも生み出している。

 その内容といえば、演者たちは徹底的にふざけていて、実にくだらない。ただそのくだらなさは簡単に真似できるものではなく、他を寄せつけない圧倒的な感じがあった。テレビ画面から放たれるとんねるずのパワーとカリスマ性はとにかくスゴかった。

 時を経て、石橋のYouTubeチャンネルでとんねるずファンが痺れるような企画が生まれた。それは20年8月23日に配信された「24分間テレビ ~石橋が地球を救うかも~24 MINUTES TELEVISION “ISHIBASHI MAY SAVE THE EARTH”」と題した動画だ。日本テレビで毎夏放送されている「24時間テレビ」のチャリティーマラソンをパロディー化したもので、YouTube演出を手掛けるマッコイ斎藤氏と“茶番”を繰り広げた。

24分間テレビ ~石橋が地球を救うかも~24 MINUTES TELEVISION “ISHIBASHI MAY SAVE THE EARTH”

 その動画の内容は24分という尺の中で、12.2km先にある東京・国技館を目指し石橋が走るというものだが、動画を最後まで見てもらえれば納得してもらえると思うが、彼らは最初から到着する気なんてまったくなかったことがわかる。道中では石橋と親交のある、おぎやはぎの矢作兼、バナナマンの日村勇紀・設楽統、カンニング竹山、清原和博からの手紙をマッコイ斎藤氏が読み上げるなど、所々で笑いを生み出し、ゴール地点では、加山雄三のモノマネ芸人・ゆうぞうが待ち構えていて、「サライ」を歌う横のワイプで石橋とマッコイ斎藤氏が言い争い繰り広げて、動画はエンディングを迎えた。

 徹底的にくだらないが、なんだか笑えるーー。石橋ファンもこんな企画を待っていたのか、「これぐらいくだらないのが石橋貴明だと思いだした」「このナメきった感じが最高なのよ」「全力でふざけてくれるのが石橋貴明」「たかさんといえば、やっぱりパロディ」などの声がコメント欄に寄せられた。再生数も現在まで280万回再生(※8月1日現在)を突破し、大きな反響を呼んだ。

 そんな中、7月29日に石橋のYouTubeチャンネルにアップされた「24分間テレビのランナーは今年も貴ちゃんに決定」と題した動画で、今年も「24分間テレビ」が配信されることが発表された。「今年こそ国技館まで走り切って欲しい」とマッコイ斎藤氏に言われた石橋は、士気を高めるべく東京・渋谷のアディダスショップを訪れ、ランニングシューズとウェアを調達した。

 昨年の「24分間テレビ」の動画は「24時間テレビ」の放送日にぶつけるような形でアップされた。今年の「24時間テレビ」の放送日は8月21~22日。果たして、今年の「24分間テレビ」はいつ配信され、そしてどんな内容になるのか? 気になる方は配信される日をお楽しみに。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる