「ビリー・ザ・キッドを殺した銃」がオークションに登場 落札額は2億円超?

「ビリー・ザ・キッドを殺した銃」がオークションに

 米西部開拓時代のおたずね者、ビリー・ザ・キッドを140年前に射殺した銃が、この度Bonhamsのオークションに出品された。

【写真多数】ビリー・ザ・キッドを殺した銃(実物)

 オークションに出品されたのは「コルト・シングル・アクション」と呼ばれる銃。1881年7月14日にニューメキシコ州の農場でビリー・ザ・キッドを射殺した保安官、パット・ギャレットが所有していた。落札額は200万~300万ドル(約2億2000万~3億3000万円)になると予想される。

 ビリー・ザ・キッドは8人を殺害したとしてアリゾナとニューメキシコで指名手配され、1881年の7月に、ニューメキシコ・フォートサムナーの牧場でギャレットに射殺された。オークションではギャレットの銃のほか、ビリー・ザ・キッドが脱走時に使った銃や、ギャレットの著書「ビリー・ザ・キッド、真実の生涯」の出版に使われた同氏の手書きの契約書も出品される予定で、こちらも価格は80万〜120万円程度になるという。

 2人の物語は、『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』や『ヤングガン』のように、西部劇映画など大衆文化の題材として取り上げられてきた。彼をモデルにした物語も多いため、この出品に沸き立つファンも少なくないはずだ。

(画像=Unsplashより)



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる