バイク芸人・井戸田潤、呪われたハーレーをお祓い 千原ジュニアにも災いが?

 熱心なバイク好きとして知られる“ハンバーグ師匠”ことスピードワゴンの井戸田潤が、所有する“呪われたバイク”のお祓いをする動画をYouTubeで公開した。

 井戸田の愛車は、およそ450万円かけて改造した「ハーレーダビッドソンFXDローライダー」で、ビビットなピンク色のボディカラーから「SLP(ソープランドピンク)号」と命名されている。

 このほどYouTubeチャンネル「ハンバーグ師匠チャンネル」公開された「【バイクいじりが止まらない】ジュニアさん俺は心配です。一回マジでお祓い行きましょうよ。」と題した動画で井戸田は、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)バイク芸人回の常連同士である千原ジュニアとコラボした。ジュニアの愛車は「HONDA CB750FOUR」と「Kawasaki MACH 750SS」。今回は「Kawasaki MACH 750SS」を携えて登場し、井戸田のSLP号とツーリングに出かけるという算段だ。

【バイクいじりが止まらない】ジュニアさん俺は心配です。一回マジでお祓い行きましょうよ。

 しかし、ツーリングの前に井戸田には一つ、気がかりなことがあった。それは、SLP号をバカにしたタレントが次々と不祥事に見舞われるという呪いの噂だ。災いに見舞われた代表格が、2019年に闇営業問題が発覚した雨上がり決死隊・宮迫博之と、無申告未納付問題が明らかになったチュートリアルの徳井義実、2020年に複数の女性との不倫が報じられたアンジャッシュ渡部建の3名。さらに、バイクをいじったわけではないものの、YouTubeでコラボしたさらば青春の光の東ブクロと映画評論家の有村昆も、今年に入ってからともに女性スキャンダルをすっぱ抜かれている。全員、身から出た錆とはいえ、不吉な偶然であることには違いない。

 こうした事情を踏まえて井戸田は「ジュニアさんの身を案じているんですよ。(SLP号を)くそほどいじったでしょ? イジリの権化なんですよ」と指摘。ジュニアが「いやいや、お仕事をさせていただいたんですよ(笑)」と釈明するも、井戸田は「ジュニアさんのせいなんですよ。方々で言って。“カイヤモデル”って最初に名付けたのもジュニアさん」と止まらなかった。

 さらに井戸田は「このバイクが『呪われてる』とか言われるのは嫌なので、これ以上犠牲者も出て欲しくないので、バイクとジュニアさんをお祓いします」と述べ、ジュニアとともに東京都文京区にある神社「小石川大神宮」へと訪問して、お祓いをしてもらった。

 そして、お祓いを済ませると、井戸田は「ジュニアさん、バイク見に行きません?」と一言。SLP号は愛車として気に入ってはいるものの、やはり、目立ちすぎるとの理由から「もう1台大きいやつが欲しい」と語った。するとジュニアは「行くなら決めてよ」と焚きつけた。こうして、2人揃ってバイクに跨りお目当てのバイクショップへ向かうところで終了。果たして、井戸田はどんなバイクを購入するのか。「ハンバーグ師匠チャンネル」で近日公開予定だという続編に注目していきたい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる