ポケモンにガンプラにゲーム……本郷奏多の“ガチな姿”が面白い 趣味の世界を伝えるYouTubeチャンネルの魅力

本郷奏多がYouTubeで届けるガチな姿

 30歳の誕生日に憧れだったというYouTubeチャンネルを開設した俳優の本郷奏多。初回に投稿された動画では「僕自身、YouTubeを見るのが大好きで、何年か前からか“必ずYouTubeを見る”のが日課になっていました。ここ最近、いろんなYouTuberの方と仕事やプライベートで一緒になる機会が多くて、楽しそうだな・自分もやってみたいなという思いがどんどん大きくなっていきました」と語っていた。

本郷奏多、YouTube始めます。【本郷奏多の日常】

 自分自身、YouTubeのスタイルにマッチした性格と見抜いていたのだろうか。昨今芸能人の多くがYouTubeチャンネルを開設し独自の趣味を伝える動画を配信しているが、本郷もチャンネル開設以降、ポケモンやガンプラなどの趣味の分野に関する動画を撮影。ガチな姿を視聴者に披露し続けている。

 例えばゲーマーとしての姿だ。Nintendo Switch版の『ダービースタリオン』では、ダービー馬のオーナーになるまでの道のりをシリーズ化して視聴者に届けた。「ウチュウユニバース」という愛馬で悲願のダービー制覇をした際は涙を滲ませながら本気で喜んでいた。同馬はクラシック三冠にも輝き、見ているこちらまでうれしくなるような、歓喜する本郷の姿がそこにはあった。

【ダービースタリオン#01】めざせ!ダービーオーナー!【本郷奏多の日常】

 7月19日には「【ゲスト多数】ポケカの大型大会に参加してきました【本郷奏多の日常】」と題した最新の動画を更新された。どうやら本郷は愛知で開催されたポケモンカードの大会「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2021」に参加してきたようで、その一部始終が動画として届けられた。

 招待選手として参戦した本郷だったが、2勝3敗で予選落ちしてしまったそう。ホテルの部屋で「悔しいなぁ。一般で参加する時よりも成績が悪くて、練習不足の自分に凹んでおります」と悔しさを滲ませていた。

 そして2日目の決勝トーナメントではレポーターとして会場でカメラをまわした。そこには同じく招待選手として大会に参加した芸人のあばれる君の姿も。試合前には2人で練習も行ったそうで、この2日間でかなり親睦を深めたそう。もしかしたら、本郷のチャンネルに再びあばれる君がゲストとして登場し、ポケモンカードについての動画を一緒に撮影する日がくるかもしれない。

 そんな風に自身の趣味を熱量を持って紹介し続けている本郷。2020年11月2日にYouTubeチャンネルを開設し、同月にはチャンネル登録者数は10万人を達成した。それ以降も順調にファンを増やし、現在ではチャンネル登録者数は48.3万人を記録し、100万再生を超えたヒット作も3本出ている(※7月22日現在)。反響は上々だ。

 本業は役者。しかし趣味を活かした多種多様な動画を投稿し、専業YouTuberと見紛うばかりの熱量で、ファンを楽しませている。今後も、本郷のチャンネルからどんな動画が生まれていくのか。引き続き注目したい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる