藤森慎吾、手越祐也の豪邸を訪問 共通点に見出す“相性のよさ” 

 オリエンタルラジオの藤森慎吾が自身のYouTubeチャンネルで展開する芸能人の豪邸訪問企画。その第1弾としてRIKACO宅へ訪れた7月7日公開の動画に続き、7月14日に公開された第2弾となる動画では、藤森が手越祐也の自宅を訪問した。

 これまでYouTube上で何度もコラボをしている藤森と手越。藤森は手越のチャンネルに出演した際、1月3日に公開された「【ドッキリ】独立した藤森さんに怪しい話をしたら引っかかるのか検証してみた」と題した動画や、2月26日に公開された「藤森さんとツーリング中にプチドッキリ仕掛けたら衝撃の結末にww」と題した動画に代表されるように、幾度となくドッキリを仕掛けられている。

【ドッキリ】独立した藤森さんに怪しい話をしたら引っかかるのか検証してみた
藤森さんとツーリング中にプチドッキリ仕掛けたら衝撃の結末にww

 そのため、藤森は「今日は手越くんのお宅訪問です」と喜びつつ、「あんなに普段僕にドッキリを仕掛けるのに、1回も呼んでくれなかった。根に持ってますよ」とチクリ。「ドッキリ仕掛けてましたっけ?」ととぼける手越に対して、藤森は「だから今日は、余すところなく見せてもらおう」と意気込んだ。

【藤森慎吾の芸能人お宅訪問】手越くんの豪邸に度肝を抜かれました

 手越の自宅は4LDK、280平米の広々とした高級マンション。玄関先には、本田圭佑など有名サッカー選手のサイン入りユニフォームが飾られ、来客用に複数用意したグッチのスリッパ、ルイ・ヴィトン、ドルチェ&ガッバーナなど高級ブランドの靴類が置かれており、藤森は「入り口だけでもうお腹いっぱいですよ」と驚いていた。

 リビングに設置されていたのは、おしゃれなワインセラー。中には、店で飲めば1本200万円はくだらないという高級ワイン・ロマネコンティが収められていた。しかし手越曰く、日常的に嗜んでいるわけでなく、飲んだのはたった1度だけ。ジャニーズ事務所から独立し、自分に付いてきてくれたスタッフ約15人と決起集会を行った時に栓を開けたという。この話を聞いて、藤森は「人のために振舞うっていう……いい男だね」と感心していた。

 このほかにも、愛犬専用の部屋、配信設備を搭載したゲーム部屋、マスターベッドルームが紹介された。加えて、母親が宿泊する用のゲストルーム、防音設備を備えたカラオケルームがあることも明かされた。一通りルームツアーを終えると藤森は「なんかもう、すごいわ。年下の手越くんがこんなところにさ。やっぱり夢があるね」と感嘆。手越は「自分のレベルよりもちょっと高い家に住むっていうのを僕、必ず決めてて。ここを維持したいとか、もっと上に行くためにもっと仕事を頑張らないとっていう、モチベーションづくりになるじゃないですか」と力説した。

 互いに“チャラ男”を売りにしながらも、ホスピタリティ精神に富み、誰とでも仲良くなれ、そして、飽くなき向上心があるなど、藤森と手越の共通点は意外に少なくない。それに、手越が2020年6月19日、藤森が同年12月31日という比較的近い時期に大手事務所から独立したという経緯もあって、理解し合える部分も多そうだ。

 まだまだ繰り返されそうな藤森と手越による、好相性な“チャラ男コンビ”によるコラボ。今後、どんな企画に挑戦し、息の合った掛け合いを見せてくれるのか、引き続き注目していきたい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる