指原莉乃が実家で見せた“普通の女の子”の姿 芸能人の帰省動画はなぜ面白い?

 指原莉乃が実家を訪れる動画を公開して話題を呼んでいる。

 指原は、東京オリンピックの聖火リレーでランナーを務めるべく、地元・大分県へ帰省。6月4日に公開された「【実家】仕事で大分に帰りました!」と題した動画では、その帰省に際して実家を訪れる様子を届けた。

【実家】仕事で大分に帰りました!

 動画冒頭、無事にトーチを持って走り終えた指原は「ただいま~」と、父と母が待つ自宅に帰宅した。実家といっても、3年ほど前に引っ越したばかりの新しい住まい。指原は「私はなんの思い入れもない家に帰ってきています」と言いつつも、食事の時間になると「やば。この器めっちゃ懐かしい。あったわ~これ! エモ器」と、表情をほころばせた。

 食卓に並ぶのは、大分名物「だんご汁」をはじめとした母手製の料理。久しぶりのおふくろの味に話が弾む。そんな中、父が突然「莉乃はまだ結婚せんのや?」と直球質問を投げ込む。指原も油断していたのか思わず吹き出し「なんかYouTubeっぽいこと聞いてきたな(笑)」と苦笑いした。

 こうした動画の“撮れ高”となるエッジの利いたやり取りはほんの一部。ほとんどは、指原と母が料理に入ってるトマトがフルーツトマトか否かを議論し合うなど、何ということもない雑談が続く。東京では売れっ子タレントとしてバラエティ番組で高いコメント力を発揮する指原だが、大分の実家ではリラックスした表情でたわいもない会話を楽しんでいるのが印象的だ。

 また、久しぶりに帰ってきたわが子に世話を焼きたくなるのが親の性。もちろん、指原家も例外ではない。母から、豪勢な手料理に続いて「お風呂ためよるけん」と至れり尽くせりの歓待を受け、指原は「実家最高!」と喜んでいた。

 こうした有名芸能人の“実家動画”には確かな需要がある。たとえば、川口春奈のYouTubeチャンネル「はーちゃんねる」で昨年2月9日に公開された、長崎県五島市にある実家に里帰りする様子を収めた動画の再生回数は、750万再生を数えている。また、その一部分を切り取った「実家であくびが止まらない川口春奈」と題したショートムービーも今年5月9日に公開。実家のリビングで親類の赤ちゃんと戯れつつ、まったりとくつろぐ川口の姿が反響を呼び、再生回数は468万回に達している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる