ちょこが語る『恋オオカミ』で実った“掛け替えのない恋” 「最初は不安で罪悪感もあった」 

ちょこ『恋オオカミ』出演を語る

 ABEMAの恋愛番組のなかでも絶大な人気を誇る『オオカミには騙されない』シリーズ。ティーンから支持される俳優、モデル、アーティスト、YouTuberなど次世代スターたちが軒並み出演し、彼らのリアルな恋愛模様を余すことなく見ることができるという点が注目を集めるポイントとなっている。

 そして8月1日より最新作の『虹とオオカミには騙されない』の放送が決定。さらにこの発表を待ってましたかと言わんばかりに、過去出演メンバーがSNSへ「あの頃の私の恋は何色だったんだろう」という言葉とともに、過去と現在の姿で振り返る動画を続々アップした。

 最新作が始まるなか、彼らは過去の“恋愛”について、どんな気持ちを抱いているのだろうか。リアルサウンドでは過去の出演メンバーにインタビューを実施。今回は前作『恋とオオカミには騙されない』(以下、『恋オオカミ』)に出演したちょこ(りゅうと)に、当時と今の心境について話を聞いた。

<過去出演メンバーインタビュー>
杢代和人が語る、素を曝け出せた『恋オオカミ』での恋  「言葉にしないと“好き”は伝わらない」

ーー『恋オオカミ』への出演をいま振り返ってみてどうですか?

ちょこ:素敵な仲間に出会えたことが一番嬉しかったです。芸能界に入ってから友達ができたことがなかったので、僕にとってメンバーは大切な存在になりました。

ーー特に仲の良いメンバーはいますか?

ちょこ:Takiちゃんとは昨日も会ってましたし、毎日LINEをしています。

ーー番組でも「BFF(Best Friend Forever)」なおふたりでしたが、本当に仲良しですね!

ちょこ:Takiちゃんとは何でも言い合える仲です。男って女の子に弱みを見せられないってことよくあるじゃないですか。でもTakiちゃんになら何でも相談できます。彼女も相談してくれるので、言いやすい関係性をつくってくれているんですよね。

ーー『恋オオカミ』を通して印象に残っていることはありますか?

ちょこ:なえ(なえなの)ちゃんが脱落したときに、みんなで乗り越えたことです。すごく寂しくて、メンバーそれぞれ複雑な気持ちだったと思うんですが、支え合って励まし合ったことで元気になれましたし、絆も深まりました。

ーーあのとき率先して空気を変えてくれた方はいましたか?

ちょこ:コウヘイ(樋口晃平)ですね。自分が一番辛いなか、なえちゃんが戻ってこれるようにとメンバーを引っ張ってくれました。

ーー『恋オオカミ』での恋愛はいかがでしたか?

ちょこ:最終的にみちゅ(長谷川美月)とカップル成立しましたが、最初は少し嬉しい反面、罪悪感もありました。もっくん(杢代和人)のこともあったので。「本当に自分でいいのかな?」と思っていたんですが、みちゅが真っ直ぐに気持ちを伝えてくれたおかげで不安もなくなり、僕も正面から向き合うことができました。

ーーみちゅさんのどんなところに惹かれたのですか?

ちょこ:みちゅはすごい周りを見ることができる人なんです。メンバーみんなのことを考えていて、もちろん僕の相談にも乗ってくれていました。波長が合うからか、メンバーのなかでも自然と一緒にいることが多くて、気付いたら好きになっていましたね。

ーー友情と恋愛がどちらも感じられるおふたりで素敵です。最近みちゅさんにキュンとしたことはありましたか?

ちょこ:撮影が一緒のことがあって、そのとき僕が椅子に座っていたら、その上に座ってきました(笑)。いつもこういうちょっかい出してくることが多いです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる