ディズニーチケットや車に時計まで……トップYouTuberの手厚すぎる“福利厚生”の数々

 “金持ちYouTuber”のヒカルが自身の経営する会社の従業員に、福利厚生としてディズニーランドのチケットをプレゼントした。

 6月27日、“青汁王子”こと実業家・三崎優太氏の公式YouTubeチャンネルにゲスト出演したヒカルは、現在、YouTuberのほか複数の事業を展開し、その年商が50億円に達することを明かして、話題を呼んでいた。

 この度公開された「【6店舗総勢100人】経営する脱毛サロンの女性スタッフ全員にディズニーチケットを直接プレゼントしてみた」と題した動画でヒカルは、取り組んでいる事業の一つである脱毛サロン事業にフォーカスし、「スタッフの方には本当にお世話になってて、いつも楽しく真面目に働いてもらってるので、何かプレゼントしたい」と言い、アルバイト含むすべての従業員にディズニーチケットをプレゼントすると説明した。

【6店舗総勢100人】経営する脱毛サロンの女性スタッフ全員にディズニーチケットを直接プレゼントしてみた

 ヒカルが経営する脱毛サロン「Rejehanne (リジャンヌ) by Hikaru」は、東京・大阪・兵庫合わせて計6店舗を展開。ヒカルは一店舗ずつ、すべての店舗に自ら足を運び、総勢100人あまりの従業員たちにディズニーチケットを配っていった。しかも、大阪と兵庫の店舗スタッフには、ディズニーかユニバーサルスタジオジャパン、どちらか選べる特別チケットを配布するという配慮も見せていた。むろん、店舗スタッフは皆大喜び。ヒカルは「なんか想像以上に喜んでくれたんで、それがめっちゃうれしかったですね。プレゼントを渡しに行ったのが、逆にプレゼントをもらったみたいな感情ですね」と声を弾ませた。

 個人事業主であるYouTuberの中には、自分の会社を経営し、今回のヒカル同様、豪華な福利厚生を自社スタッフに振舞う者も多い。たとえば、格闘家YouTuberの朝倉未来は、3月3日公開の動画で、自身のYouTubeチャンネルの営業担当3名に、高級アップルウォッチケース「Apple Watch Case SP44」に装着したApple Watchをプレゼントした。

いつも裏方で頑張っているスタッフに時計をプレゼントしてみた

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる