ラファエル、盟友ヒカルに粋な誕生日プレゼント 高級品を贈り合ってきた2人の歴史を解説

 時給日本一のYouTuber”を自称するラファエルが、長年の戦友・ヒカルに誕生日プレゼントを贈った。

 ラファエルとヒカルの付き合いは長く、そして、深い。ヒカルは2013年から、ラファエルは2014年からと、ほとんど同時期にYouTuberとしての活動を開始。互いに動画の企画一つに惜しげもなく大金をつぎ込むというバブリーなスタンスを取る親和性も手伝い、活動初期の頃からこれまで幾度となくコラボを繰り広げ、双方のファンからは“ヒカラファコンビ”として絶大な支持を集めている。

 それに、一時期は、物申す系YouTuber・シバターを交えたYouTuberユニット「炎上軍」として、また、ヒカルが設立したYouTube事務所「NextStage」の立ち上げメンバーとして活動を共にしたこともある。6月2日に自身のYouTubeチャンネルに公開された動画でヒカルは、「ラファさんとは戦友やと思ってる。一緒にYouTubeの戦国時代を駆け抜けた一人」と、ラファエルへの想いを語っていた。

 そんな浅からぬ縁で結ばれた両名だけに、これまで何度も互いの誕生日にプレゼントを贈り合ってきた。ヒカルは2020年に、自宅で来客対応する機会の多いラファエルが重宝するだろうという理由から、最高級ワインの「オーパス・ワン」をプレゼント。一方のラファエルは昨年、面倒くさがりなヒカルの性分を考慮して、どこでも気軽に履いていけるルイ・ヴィトンのサンダルを贈っていた。

 2人ともYouTuber兼実業家として破格の成功を収めているだけに、大概のモノは自分で買えてしまう。そこで、単純に高額な品を贈るのではなく、いかに相手が所有しておらず、かつ「痒い所に手が届く」的ニーズを満たすプレゼントを誕生日にチョイスできるかが、ここ数年、ヒカルとラファエルの共通認識になっているようだ。

 そんなわけで、このほど、ラファエルのYouTubeチャンネルで6月2日に公開された「【4ヶ月ぶりの再会】毎年恒例のヒカルの誕生日お祝いしてみた」と題した動画で、今年30歳を迎えるヒカルの誕生日プレゼントを渡すことになった。

【4ヶ月ぶりの再会】毎年恒例のヒカルの誕生日お祝いしてみた

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる