AirPod Pro持っているけど必要? ノイズキャンセリング搭載の「耳栓」とは

ノイズキャンセリング搭載の「耳栓」

 新型コロナの影響で在宅勤務もスタンダードな状況となり、会社の環境とは違ったなかでの「自宅の日中の騒音が気になる…」という新しい悩みが創出された。そんな仕事や勉強など、集中したいときに「耳栓」を使うという一つの解決策がある。

 今回紹介するのは、「キングファイル」でお馴染みキングジムから発売されているまさかのノイズキャンセリング機能搭載の「デジタル耳せん」である。

声は聞こえて騒音はカットする画期的な「デジタル耳せん」

 普段から仕事や勉強の際などは耳栓が手放せない、という耳栓ヘビーユーザーの不満の一つとして、「聞こえたい声が聞こえない」という点に悩んでいる人は少なくないのではないだろうか。

 特に外出先のカフェや待ち時間に耳栓を利用する場合、「呼びかけやアナウンスは聞きたいけど、耳栓をしたら聞こえないのは困る」といった理由から耳栓を利用できないシーンは少なくないだろう。

 「デジタル耳せん」は、「アナウンス」「呼びかけ」「着信音」といった必要な音は聞こえるように設計されており、そのほか電車の騒音や空調音、機械音などはシャットアウトするという画期的な耳栓なのである。

アクティブノイズキャンセリング機能で環境騒音を低減


 まずこのデジタル耳栓の特徴として、高精度の「アクティブノイズキャンセリング機能」が搭載されているという点が挙げられる。

 アクティブノイズキャンセリング機能とは、Appleの「AirPods Pro」など多くの完全ワイヤレスイヤホンに搭載されている機能で、騒音をデジタル処理して低減することができるもの。

 アクティブノイズキャンセリング機能によって騒音をカットするデジタル耳栓は非常に珍しいのだ。

 また、注目すべきは「すべての音をカットしない点」である。

 前述した通り、家で使うのならまだしも外出先では「聞きたい音」の存在は少なくない。例えば病院の待合室や電車内で集中して仕事をしたいのに「アナウンスが聞こえない」がために作業が滞ってしまうなどことは少なくないのだ。

 その点、この「デジタル耳せん」は独自の技術により、環境騒音を抑えつつ聞きたい音は消さないという点で非常に画期的な耳栓といえるだろう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる