日向坂46・影山優佳がYouTubeで示す存在感 深すぎるサッカー愛とバラエティIQの高さに迫る

 日向坂46のメンバー・影山優佳が、サッカー系YouTubeチャンネルで大暴れしている。

 影山は、2001年5月生まれの現在19歳。2016年より日向坂46の前身にあたるけやき坂46として活動し、2018年6月に学業のため一時活動休止。その後、2020年に活動を再開し、現在に至る。

 影山のキャッチフレーズは「あなたのハートにゲーゲンプレス」。かつて独ブンデスリーガ・ドルトムントの黄金期を築き、現在、英プレミアリーグ・リバプールの指揮を執る名将ユルゲン・クロップの戦術「ゲーゲンプレス」にインスパイアされて考案されたものだ。

 知る人ぞ知るサッカー用語を自身の謳い文句にしていることからもわかる通り、そのサッカー愛は相当なもの。小学生時代に地元のチームでプレ―した経験を持ち、趣味はホワイトボードを活用したフォーメーション及び戦術の分析、また「よりサッカーを知りたい」との思いから中学2年生にしてサッカー4級審判員の資格を取得するなど、熱量の高さを示す逸話は数知れない。おまけに、自身のブログで「影山優佳のWE LOVE Jリーグ」と題したJリーグ応援企画を連載する一方で、ヨーロッパリーグのマイナーチームに所属するDFのプレースタイルをすらすら語れるなど、海外・国内リーグどちらにも異常なほど詳しい。

 今を時めく坂道シリーズのアイドルでありながら、Jリーグ、海外リーグ両方に造詣が深い影山を、サッカー系メディアが放っておくはずがない。これまで様々なテレビ、雑誌、Webにおけるサッカー関連企画に登場しており、中でも、サッカー系YouTubeチャンネルで目覚ましい活躍を見せている。

 影山には、サッカーに関する豊富な知識だけでなく、その知識を適切にわかりやすくアウトプットする抜群のコメント力がある。その能力の一端は、サッカーキング公式チャンネルで公開された「影山優佳のFUTチャレンジ “あなたのハートにFUT”」と題した動画シリーズで披露されている。

影山優佳のFUTチャレンジ “あなたのハートにFUT”|#01 はじめてのFUT(FIFA 21 Ultimate Team)

 サッカーゲーム「FIFA」シリーズの最新作「FIFA 21」にて、自分だけのオリジナルチームを作れるモード「FUT」に影山が挑戦する本動画。チーム強化のために選手を引き当てる「パック開封」で、レアルマドリード所属のドイツ代表MFトニ・クロースを獲得すると、「レアルマドリードでもトップレベルの足元の技術で、ドリブルのテクニックもすごいですよね。見ていてワクワクするようなプレイが多い」と説明し、英プレミアリーグ・アストン・ヴィラのグリーリッシュをゲットすると「ウィングの選手で左でプレイしているんですけど、視野が広くて決めるところは決めて、パスも優しく出してくれるすごい選手」と解説するなど、とにかく話が尽きない。「FIFA」をプレイしながら、延々とサッカー談義を続けるアイドルはなかなかいないだろう。

 こうした豊富な知識を持ちながらも、影山はスタンドプレイに走らない。たとえば、Jリーグ公式チャンネルで1月20日に公開された動画にて、ガンバ大阪などで活躍した元Jリーガーで、現・Jリーグ特任理事の播戸竜二とJリーグにまつわるクイズ対決をした際、3問先取の企画で2問立て続けに先取したからは、企画を盛り上げるためか、あえて播戸に花を持たせるような節が見受けられた。しかも、播戸が正解したら「さすが特任理事」と褒めつつも、自分が正解したら「イエーイ!」と全力で喜ぶなど如才がない。年長者を立てながら、企画そのものを成立させる、実にクレバーなふるまいだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる