森の自作シェルターで暮らすDIY&サバイバル系YouTuberがすごい 電気も水道もない“贅沢な生活”

 今回紹介するのは、DIY・サバイバルチャンネル双方の要素を併せ持つアメリカのYouTubeチャンネル「アトス・アウトドア・プロスペクター」。

 本チャンネルの投稿者のアトスは、幼い頃から自然に情熱を注いできたという。

 単にサバイバルスキルを披露するだけにとどまらない。なんと実際に、電気も水道もない森で生活しているのだ。住居はテントや自作の小屋だ。

 319万回の再生回数を誇る最新動画「サバイバル・アース・ロッジ・シェルター」をみてみよう。彼が森にシェルターを造る様子を紹介して動画だ。



 土を小さなクワで1から掘り起こし土台を造るアトス。



 続いては骨組み造り。木をさらに太い幹で打ち込んでいく姿はパワフルだ。組み立てながら、切ったり削ったりと微調整を繰り返す。


 骨組みを落ち葉とビニールで覆っていく。暖かそうなシェルターが完成しそうだ。




 その上から土をかぶせて、塗り固めていくアトス。煙突もかまども掘り出した土で製作している。


 制作過程はもちろんだが、合間に挿入される食事シーンも魅力的。パンとベーコンに玉ねぎとシンプルな食事だがたまらなくおいしそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる