『フォートナイト』賞金総額約20億円の大会開催 世界のプロサッカーチームとのコラボも

『フォートナイト』賞金総額約20億円の大会開催 世界のプロサッカーチームとのコラボも

 人気バトロワゲーム『フォートナイト』のトーナメント大会の概要が明らかになった。コロナ禍の収束する兆しが見えないなか、同ゲーム運営元のEpic Gamesは大盤振る舞いとも言える賞金を用意した。また、プロサッカーチームとのコラボ実施や新バトルパスコスチュームも発表した。

2020年より賞金総額が増額

 テック系メディア『The Verge』は19日、2021年におけるフォートナイトの世界的トーナメント大会「Fortnite Champion Series(略して「FNCS」)」の概要を報じた。同大会は、コロナ禍であることに配慮してオンラインでの開催となる。賞金総額は2,000万ドル(約20億円)で、2021年の1,700万ドル(約18億円)より300万ドル増額した。同大会開催に関する詳細は、US版フォートナイト公式サイトの記事にまとめられている。その要点をまとめると、以下のようになる。

・FNCSチャプター2シーズン5大会のゲーム形式はトリオ(3人チーム)となり、世界の地域ごとに予選、準決勝、決勝を行う。

・予選は2月4日から21日、準決勝は3月5日から7日、決勝は3月12日から14日の日程で行う。

・同様の大会を2021年中に4回開催し、各大会の賞金総額は300万ドル(約3億1,000万円)。この賞金をさらに各地域のプレイヤー数に応じて分配する。FNCSチャプター2シーズン5大会では、アジア地域の賞金総額は15万ドル(約1,600万円)となる。

・上記の4回実施の大会のほかに、2021年の半ばと終わりに各地域で最高のパフォーマンスを発揮したプレイヤーを集めて、賞金総額800万ドル(約8億3,000万円)の国際大会を実施する。この大会の詳細は、日程が近くなった時に発表する。

・各地域における大会実施の詳細は、追って地域ごとに発表される。

 FNCSの開催要領をまとめた記事には、「私たちの全体的な目標は、年間を通じて一貫性を高め、2021年のシーズンを結び付けてよりまとまりのある体験を提供することです」とEpic Gamesの同大会にかける思いも書かれている。

セレッソ大阪もコラボに参加

 19日には、フォートナイト公式ニュース記事よりサッカーにまつわる一連のコラボ企画の実施が発表された。

 1月23日(アメリカ時間)よりサッカー界のレジェンドであるペレのゴールパフォーマンスをモチーフとしたエモート「ペレのジャンピングガッツポーズ」がリリースされる(以下の動画を参照)。

YouTube「Pelé ‘Air Punch’ Emote Coming to Fortnite」

 また、同じく1月23日(アメリカ時間)より世界各地のプロサッカーチームとコラボしたコスチューム「キックオフ」セットもリリースされる。世界各地の23のチームのなかから、プレイヤーが好きなコスチュームが選べる(トップ画像参照)。コラボしたチームには世界的に有名なイタリア・セリエA所属のユベントス、イングランド・プレミアリーグ所属のマンチェスターシティのほか、日本のJリーグ所属のセレッソ大阪もある(以下の画像を参照)。

 さらにクリエイティブハブにはサッカーにインスピレーションを受けた新たなクリエイティブ島が登場する。特設されたゲームマップ上で、4vs4のトーナメントモードをプレイすることができる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる