岡田健史、YOSHI、永久メイ……『MILLENNIAL /ミレニアル』で発信した彼らの価値観がわかる“金言”とは

岡田健史、YOSHI、永久メイ……『MILLENNIAL /ミレニアル』で発信した彼らの価値観がわかる“金言”とは

 1年の行く末は年始の”スタートダッシュ”で決まる。コロナ禍で数か月先の予定も見えない混沌とした世の中だからこそ、2021年の始まりに金言があふれるドキュメンタリー『MILLENNIAL /ミレニアル』で心を整えるのがおすすめ。本記事では今まで出演した3名が話したいくつかの“金言”を紹介する。

ABEMAで配信中の『MILLENNIAL /ミレニアル』とは?

 『MILLENNIAL /ミレニアル』は、その名の通り“ミレニアル世代”の視聴者に向けて、“ミレニアル世代”の多様な生き様や価値観を追いかけて届ける、“ミレニアル世代”に特化したドキュメンタリー番組である。

 “ミレニアル世代”とは、2000年代以降に成人を迎えた、もしくは迎える世代を指す。この世代の特徴は、従来の固定観念などに捉われない多様性を持ち、新たな価値観や視点を持っていることだ。当番組では、それぞれの考えを持ちながら色とりどりに生きる若者たちの日常や悩み、もがき、未来に向かって挑戦する姿を映し出す。そんな『MILLENNIAL /ミレニアル』には、はっとするような金言が多く登場する。

俳優として正面から困難に挑む【岡田健史】の金言


 2018年にテレビドラマ『中学聖日記』(TBS)で俳優デビューを果たし、2021年には大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)の出演も決定するなど俳優として順風満帆な日々を送る岡田健史(21)。しかし自身のそんな現状についてどう思うか?という質問には、急に真剣な表情になり「ラッキーに助けられている部分もあれば、むしばまれている部分もあって。見ようともしない人に『苦労知らずだよね』とか『幸せ者だよね』とは言ってほしくないです。僕にしかわからない苦しみというか辛さというか、それもたくさんあります」と本音をこぼした。

 「そういった苦しみや辛さは見せる必要はない。今のところ僕、逃げたことないです。ごまかしたらごまかした自分を嫌いになると思うので」と続け、爽やかな笑顔の裏に「負けたくない」という強い意思と表面に見えない努力があることが垣間見えた瞬間だ。

 もともと野球少年だった岡田が役者を志すきっかけをつくったのは、高校時代の恩師だった。その時を振り返り「”選んだ道を正解にしていくのが人生”という言葉があったから、僕は東京に行く勇気を持って踏み出せた」と語った。「自分で自分の道を選ぶ勇気を与えてくれる」恩師の言葉は岡田自身だけでなく、現在進路に迷っている多くの若者の胸に響くことは間違いない。野球というスポーツを通して得られた精神力や努力に対する真っ直ぐな姿勢が、今の岡田をつくっていることが明確になった場面だった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる