ふくれな、丸山礼……美容系YouTuberのプロデュースブランドが支持される理由を考える

ふくれな、丸山礼……美容系YouTuberのプロデュースブランドが支持される理由を考える

丸山礼の『reI’m』は、私らしく服を着る楽しみを発信している

オリジナルファッションブランドができたのでアイテム1から10まで隅から隅まで解説しちゃうぞSP

 お笑い芸人として活躍する丸山礼は、YouTubeをきっかけに人気が加速したタレントの1人だ。YouTubeにアップされた動画の中では、仕事のデキるOL、ボーイッシュな大学生、美術部の女子高生など様々なキャラを演じ分けている。はじけるような明るさとキャラに合わせてくるくると変わる表情の面白さが人気の丸山礼だが、一方で自分らしいメイクやヘアスタイル、自分の体型に似合うファッションを研究して動画で紹介しており、1人の女性としてオシャレを楽しむ姿に親近感を抱く同世代の女性も多い。

 そんな丸山礼が2020年、ZOZOTOWNの「YOUR BLAND PROJECT」という企画で自身のアパレルブランド『reI’m』をプロデュースすることを発表した。ブランド名は新しい私(re・I’m)と自身のイニシャル(rei・m)を意味している。プリントTシャツをデザインする際には、プリントする写真の撮影監修まで自ら行なったというこだわりぶりだ。

 「TPOに合わせて本当に欲しいと思ったものを作った」という商品の中には、彼氏やお父さんにもプレゼントできるユニセックスなデザインのロングTシャツや、オフィスカジュアルにも制服の上に羽織っても馴染むカーディガンなど、彼女の言う「たくましい上品さ」が体現された服が並ぶ。人間観察をしてネタを作りあげるスタイルの丸山礼は、人の求めるアイテムが自然と頭に浮かぶのかもしれない。

 2人に共通していることは、自分のコンプレックスや個性を理解して、それをポジティブにとらえていることだ。自分らしく美しくなることを楽しみ、それを視聴者にも知ってほしいという思いが、多くの人に伝わっているのだと感じる。

■中野亜沙子
東京都目黒区出身のフリーライター。「若者が自ら考え行動し、自立するきっかけをつくる」をテーマに執筆する。お笑いとゲームとYouTubeが好き。心理カウンセラーの資格取得を目指し勉強中。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる