『アメトーーク!』家電芸人回のオススメ製品を、家電量販店スタッフが解説してみる

家電芸人が今1番紹介したい製品とは

洗濯機『ZABOON TW-127X9』(TOSHIBA)


引用:Amazon
 最後に、家電芸人リーダーを務める土田晃之がプレゼンした東芝の洗濯機『ZABOON TW-127X9』をピックアップしたい。番組では、独自機能のウルトラファインバブルと静音性が紹介された。

 東芝は洗濯機に力を入れているメーカーで、繊維に浸透するウルトラファインバブルは数年前から採用されている。これは番組内でも言及された。しかしながらウルトラファインバブルは、東芝の洗濯機全般に備わる機能であり、『ZABOON TW-127X9』の機能ではない。なので、筆者からはそれに加えて『ZABOON TW-127X9』が備えている機能を紹介する。

 まずはウルトラファインバブルのさらなる機能として、「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」を取り上げよう。ウルトラファインバブルの洗浄力は言わずもがなであり、そのうえでAg+抗菌成分が繊維の隙間に入り込む。衣類に雑菌が繁殖しづらくなり、より清潔さを保てるというわけだ。免疫力が低く、衣類を汚しがちな子どもがいる家庭で活躍するだろう。

 清潔さだけではなく、手軽さも『ZABOON TW-127X9』が持つ特徴のひとつだ。液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能が搭載されている。自動投入機能のおかげで計量の手間が減り、使いすぎることもない。投入するタンクは大容量で、詰め替え用のパックも投入可能だ。頻度が多くないため、簡単に補充できる。

 また新機能として、「自動2度洗いコース」が搭載された。洗剤自動投入を活用し、自動で2度目の洗濯が行われるため、予洗いを要するガンコな汚れも、すっきり落とせる。

 ウルトラファインバブルだけが目立つが、『ZABOON TW-127X9』は機能面全般で優秀だ。気になる人はぜひ検討してほしい。

ZABOON TW-127X9

家電製品を吟味して、2021年も快適な生活を送ろう

 『アメトーーク!』の家電芸人コーナーは、おもしろいうえに有益で評判がいい。2020年12月30日に放映された回もおもしろく、家電量販店勤務の筆者も思わず見入ってしまった。

 特に今回は新型コロナウイルスのせいで、掃除・清潔といった面への関心が高く感じた。

 残念ながら2021年も引き続き新型コロナウイルスによる脅威が続いている。気軽に買い物には行けなくなったが、家電製品は生活必需品だ。気になる商品があれば検討して、ぜひ巣ごもりの生活を潤してほしい。この記事がその一助となれば幸いである。

■津田まさき
家電量販店勤務で家電製品・ガジェットが大好き。ジャンルに偏りがない雑多ライター。アニメやゲームが主食。Twitter

トップ画像:Amazonより



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる