AppStoreダウンロードランキング2020発表 コロナ禍において最もダウンロードされたアプリとは?

AppStoreダウンロードランキング2020発表 コロナ禍において最もダウンロードされたアプリとは?

 2020年も残すところあと数日となった。今年は冒頭より新型コロナウィルスの蔓延による話題が事欠かなかった印象だ。緊急事態宣言や自粛によって多くの人の生活に影響を与えたことは間違いない。

 そんな2020年、AppStoreではどんなアプリが最もダウンロードされたのだろうか。この記事では公式から発表されたランキングをもとに、今年起こった現象、流行を読み解いていく。

第10位 TikTok ティックトック

 15秒~1分ほどの短い動画を投稿できる中国発祥のSNS「TikTok」。撮った動画をアプリ内で加工したり、特殊効果を使って編集できるため、投稿の手軽さで特に若い世代に人気のアプリだ。「JC・JK流行語大賞2020」(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000017469.html)では、TikTokで生まれた流行語「きゅんです」が第1位に。第3位にはこれまたTikTok発の、“最上級のぴえん”の気持ちを表す「ぴえんヶ丘どすこい之助」がランクイン。ティーンの流行りはTikTokから生まれるといっても過言ではないほど、次々とトレンドを放出していることにより、ダウンロード数が矢継ぎ早に増えていった結果といえる。

第9位 LINE

 コミュニケーションアプリ「LINE」は今や日常生活に欠かせないツールとなっている。2020年3月時点での月間アクティブユーザー数が8400万人ととてつもない数値を叩き出しているLINEだが、ここへ来てさらにダウンロード数を伸ばしている理由は一体どこにあるのだろう。

 2020年には新型コロナの影響で自粛や在宅勤務を余儀なくされたが、この事実もさらにLINE利用に拍車をかけたといっても良いかもしれない。スマホをそもそも持っていない年配のユーザーなどが新型コロナの影響でスマホを持つようになり、コミュニケーションツールとしてLINEを新たにダウンロードして利用すると考えるのは、ごく自然なことだ。

第8位 Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題

 第8位にAmazon Musicがランクインしたのは、筆者としては若干意外だった。ネタばれになるが、実はこのランキングに入ってきた音楽アプリはこのAmazon Musicのみである。肌感覚では、Spotifyユーザーが多いと感じていたのだが(ちなみにSpotifyはTOP20にもランクインしていなかった)。

 ここにも実は理由があって、Amazon Musicで全7000万曲を利用するには月額780円が必要だが、Amazonプライムに入会していれば200万曲は無料で利用できると言うメリットがあるのだ。Amazonプライム会員であれば「とりあえずダウンロードしてみよう」と思うユーザーが多いはずだ。

第7位 YouTube

 YouTubeがステイホームの時間をハッピーにしてくれたと感じる人は多いはずだ。今年はNetflix等、「ステイホームを楽しくするツール」が爆発的に伸びた印象を受ける。

 特に自粛期間中は芸能人や著名人のYouTube参戦が増えたことで、これまでYouTubeに興味がなかった層も取り込みつつある点にも注目したい。最近ではYouTubeの急上昇ランキングが芸能人のチャンネルで占められることも少なくない。

第6位 Uber Eats(ウーバーイーツ ) 出前/デリバリー注文

 納得の6位入選。自宅に居ながら行きつけのレストランの料理を食べる事もできるUber Eatsが、ステイホーム時代に流行らないわけがない。また、在宅ワーク増加により、家で食事をする機会が増えたことで3食作ることの難しさや煩わしさからの影響もある。それくらい大活躍しただろうこの出前&配達アプリだが、利用地域が限られているなどの課題も見受けられる。しかしながら競合をみても、未だにどこも利用地域をあまり広げられていない現状から、新規ユーザーを安定して獲得し続けている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる