『鬼滅の刃』ブームはSpotifyにも 2020年「海外で最も再生された国内アーティスト&楽曲ランキング」発表

『鬼滅の刃』ブームはSpotifyにも 2020年「海外で最も再生された国内アーティスト&楽曲ランキング」発表

 Spotifyが、2020年に海外で聴かれた日本の音楽ランキングを発表した。(集計期間:2020年1月1日 – 11月27日)

 「海外で最も再生された国内アーティスト」では、昨年4位だったLiSAが順位を伸ばし、1位に、「海外で最も再生された国内アーティストの楽曲」の1位もLiSAの「紅蓮華」で、アニメ『鬼滅の刃』の世界的な人気の高さがうかがえる結果となった。「海外で最も再生された国内アーティスト」ランキング常連のRADWIMPSは、映画『君の名は。』や『天気の子』の主題歌がよく聴かれている。

 またSpotifyでは、アニメの主題歌だけでなく、サントラ収録曲もプレイリストを通じて世界で広く聴かれていることから、今年配信開始となったスタジオジブリ作品の関連楽曲を多く手がけた久石譲が5位に、『僕のヒーローアカデミア』や『ハイキュー!!』など様々なアニメの楽曲で知られる林ゆうきが6位にランクイン。林ゆうきの楽曲はアメリカで最も再生され、再生回数は日本での約5倍となっている。

 最も再生された楽曲では、アニメ関連楽曲がトップ10のうち8曲を占めた。2位にランクインしたTK from 凛として時雨の「unravel」はアニメ『東京喰種トーキョーグール』のオープニングテーマで、同ランキングでは2018年に3位、2019年に2位と、3年連続でTOP3入りを果たしており、Spotify上で再生回数は1億回を突破。3位、4位にはKANA-BOONの「シルエット」、いきものがかりの「ブルーバード」と、いずれも『NARUTO -ナルト-』関連の楽曲が続いた。

 7位の「summertime」はTikTokで話題になり、東南アジア各国のSpotifyバイラルチャートにランクインし注目を集め、再生回数を伸ばした。なお、最も再生された国は、アメリカ、インドネシア、フィリピンの順だった。

海外で最も再生された国内アーティスト

1.LiSA
2.RADWIMPS
3.ONE OK ROCK
4.米津玄師
5.久石譲
6.林ゆうき
7.Aimer
8.いきものがかり
9.TK from 凛として時雨
10.FLOW

海外で最も再生された国内アーティストの楽曲

1.紅蓮華/LiSA
2.unravel/TK from 凛として時雨
3.シルエット/KANA-BOON
4.ブルーバード/いきものがかり
5.Tokyo Drift (Fast & Furious) – From “The Fast And The Furious: Tokyo Drift” Soundtrack
  /Teriyaki Boyz
6.ピースサイン/米津玄師
7.summertime/cinnamons, evening cinema
8.crossing field/LiSA
9.狂乱 Hey Kids!!/THE ORAL CIGARETTES
10.Black Catcher/ビッケブランカ

プレイリスト Global Hits from Japan

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる