『The Elder Scrolls』シリーズがNetflixドラマに? 定番化する“ゲームの配信映像作品化”の背景とは

『The Elder Scrolls』シリーズがNetflixドラマに? 定番化する“ゲームの配信映像作品化”の背景とは

ゲームのアニメ化も続々

 Netflix制作のゲーム関連コンテンツは、ウィッチャーだけにとどまらない。今年9月17日には、カプコンから発売されたオープンワールド形式のRPG『ドラゴンズドグマ』のアニメ版が配信された。同アニメを制作したのは『天気の子』を制作したサブリメイションであり、同アニメスタジオが誇るセルルックCGがその表現力を遺憾なく発揮した。セルルックCGの活用により、セル画のような画風でありながら、3DCGゲームのような立体的なカメラワークも実現した。

 2021年には、人気ゲームシリーズ『バイオハザード』が25周年を記念してフル3DCGアニメとなってNetflixで配信される。アニメ制作は、『バイオハザード:ヴェンデッタ』で制作プロデューサーを務めた宮本佳氏率いるQuebicoが担当する。また、8月には同ゲームシリーズを原作とした実写シリーズの制作も発表された。この実写シリーズではオリジナルストーリーが展開され、2つの時間軸で物語が進行する。

YouTube「『バイオハザード: インフィニット ダークネス』ティーザー予告編 – Netflix」

 10月には人気RPGシリーズ『アサシン クリード』の実写ドラマとアニメシリーズの制作も発表された。発表に際してNetflixオリジナルシリーズ担当バイスプレジデントのピーター・フリードランダー氏は、「(アサシン クリードという)優れた作品を基に、壮大でスリリングなエンターテインメントを丹念に構築し、世界中のファンとNetflixのメンバーの皆様が楽しめる、よりディープな作品をお届けしたいと思います」と意気込みを語っている。

 以上のようにNetflixはゲームと映像コンテンツの関係に新風を巻き起こしている。近い将来、ゲームとNetflixオリジナルコンテンツの同時展開という事例が現れるかも知れない。

トップ画像出典:WE GOT THIS COVERD「Netflix Reportedly Developing Elder Scrolls Show, Will Be As Big As The Witcher」より画像を引用

■吉本幸記
テクノロジー系記事を執筆するフリーライター。VR/AR、AI関連の記事の執筆経験があるほか、テック系企業の動向を考察する記事も執筆している。Twitter:@kohkiyoshi

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる