モデル・岡田紗佳も大活躍 熱闘を極める『Mリーグ2020』名場面

モデル・岡田紗佳も大活躍 熱闘を極める『Mリーグ2020』名場面

 テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」で配信中のプロ麻雀リーグ『Mリーグ2020』シーズンが熱い。日々さまざまな熱闘を繰り広げているプロ麻雀リーグ『Mリーグ』だが、幅広い層が楽しめる作品として人気を博している。

 プロ麻雀リーグ『Mリーグ』は、競技麻雀の普及と発展、麻雀のプロスポーツ化を目的として2018年に発足された、チーム対抗戦で行われるナショナルプロリーグである。レギュラーシーズン、ファイナルシリーズのそれぞれにスポンサー契約を締結し、「大和証券Mリーグ」、「Mリーグ朝日新聞ファイナルシリーズ」という名称で毎年開催。

 今シーズンが3シーズン目となる『Mリーグ2020』シーズンは2020年10月5日より開催され、前シーズンと同様にセミファイナル制を導入。レギュラーシーズンは10月から翌年3月末までの5ヵ月間の開催期間中に各チーム90試合を行う。

 今回は、「ABEMAプレミアム」で限定公開中の名場面5選をピックアップした。

逆転に次ぐ逆転!?【10/12 第2試合】KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズ

 開催5日目の第2試合となる「KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズ戦」では、セガサミーフェニックスから鈴木たろう、KONAMI 麻雀格闘倶楽部から高宮まり、渋谷ABEMASから多井隆晴、赤坂ドリブンズから和久津晶が登場。鈴木が高宮のダマテン大物手への振り込みを回避し、テンパイ即リーチの末に一発ツモ、跳満のアガリを決めた。

 開局早々、高宮がチャンタ系に決め打ちする独特な手順を見せ、見事にこれをテンパイさせると、待ちはカン2筒の純チャン・三色同順で、ダマテンのツモでも跳満の手に。最終手出しが1筒となっていることにより、ここでリーチをしてしまうと2筒がケアされてしまうという展開で、高宮がダマテンを選択。

 すぐにそれを掴んだ鈴木が、高宮の最終手出しが1筒であることや、1・4筒が場に3枚出て安い色となっており、2筒の縦引きも見て打3筒とした。鈴木はこの時点ではまだ知り得なかったものの、高宮への放銃を回避するファインプレーを見せ、ファンからは「なんで止まる」「神回避」「俺ならノータイムで放銃してる」と驚愕の声が上がった。

視聴はこちら

最速での四暗刻が成就!【11/16 第1試合】EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス


 開催25日目の第1試合となる「EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス戦」では、EX風林火山から二階堂亜樹、KONAMI 麻雀格闘倶楽部から佐々木寿人、渋谷ABEMASから松本吉弘、セガサミーフェニックスから近藤誠一が登場。

 南1局1本場では、ドラ2枚を武器に三色同順の仕掛けに出る手順もあったが、最終的な待ち取りに不安があるとしてスルー。その後、リーチ手順でテンパイし、リーチ・一発・ツモ・ドラ2・裏ドラの1万2000点(+300点)でアガリを決めると、一発ツモと大量加点という結果に。視聴者からは「強すぎる」「決めた、完全に」「これがアベマズじゃああああ」と称賛の声が寄せられた。

 また南4局では、親の二階堂からの仕掛けによって反撃を受けるものの、なんとか流局。二階堂は、その時点で手を伏せれば2着になれる可能性もある局面なだけに、逆転を狙い勝気のテンパイ宣言。「松本vs親」の構図は最後まで続き、南4局は2本場まで混戦を見せた。しかし、ここで松本が果敢に仕掛けていくと自らツモって幕引きし、今期2勝目を挙げた。

視聴はこちら

これがTHE麻雀だ!『Mリーグ2020』最高試合の呼び声【12/3 第2試合】赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates


 開催35日目の第2試合となる「赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates戦」では、赤坂ドリブンズから園田賢、渋谷ABEMASから多井隆晴、TEAM RAIDEN / 雷電から瀬戸熊直樹、U-NEXT Piratesから石橋伸洋が登場。

 変幻自在の麻雀から“魔法使い”の異名をもつ園田が、実力者同士の激しい大熱戦を制しファンを魅了した。チームの正念場で先発を託された園田は、東2局に“魔法”と称されることも多い得意の鳴きでアガリを決めると、序盤からその実力を遺憾なく発揮。

 大きな見せ場となったのは東4局の、対戦相手の“黒いデジタル”こと石橋が得意とする赤ドラ切りリーチを披露したシーン。以前、石橋が見せたものと酷似したピンズの「355」から赤5筒を切って4筒待ちという選択に、実況を務めた日吉辰哉は「掟破りの赤切り!」と絶叫。視聴者も「面白すぎる」「最高」「ブラックマジシャン」と盛り上がりを見せた。

 大接戦で迎えた南3局2本場では、多井とのリーチ対決となった場面で、一発目に引いた白をカメラに見せずに盲牌して即ツモ切るという熱い一面を披露。赤坂ドリブンズにとって12戦ぶりのトップとなると、チームの危機を救った園田は「めちゃくちゃ嬉しいですね」と喜びを露わにした。

 赤ドラ切りのリーチから紙一重のめくり合いまで、4選手の思惑が複雑かつ濃密に交錯したドラマチックな対局に、視聴者からは「なんて試合だ」「めちゃくちゃ面白かった」「ベストバウト確定」「神半荘」という大満足の声が寄せられた。

視聴はこちら

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる