人気カップルYouTuber・JULIDYインタビュー「2人なら地球上どこでも、いつまでも発信していける」

人気カップルYouTuber・JULIDYインタビュー「2人なら地球上どこでも、いつまでも発信していける」

 カップルYouTuberのJULIDYがフリーの期間を経て、クリエイターのプロダクション事務所BitStarにジョインした。

 「思い出を残す」をテーマにVlogスタイルで動画を投稿してきたJULIA(ジュリア)とCODY(コーディ)。センスが光る購入品動画やアイデア満載なサプライズデートなど、オシャレで洗練されたライフスタイルを送る2人に憧れの眼差しを向ける視聴者が増加中で、現在、チャンネル登録者数は58万人を超える人気ぶりだ。

 最近では、モデル活動やコラボ商品のプロデュースなどYouTube動画のみならず、活躍の幅を広げ続けている2人。なぜ今、新たな環境へと一歩を踏み出したのか。JULIDYが思い描く次のステップについて聞いた。(佐藤結衣)

【記事の最後に、二人のサイン入りチェキプレゼントあり】

YouTubeも新しいチャレンジも100%全力で!

――あらためて、BitStarに加入した経緯を教えてください。

CODY:フリーになるタイミングで、これからについて2人で話し合ってきました。僕たちは自分たちでYouTubeの動画を撮影・編集しているんですけど、今後はもっと積極的に新しいことにチャレンジしたいという気持ちがあって。

JULIA:イベントをするのが好きですし、ファッションが好きなので、商品のプロデュースとか、もっとやっていきたいねって話していました。そうなったときに2人で準備するのは難しいよね、ってなったんだよね。

CODY:やっぱりYouTubeの動画も、それ以外の仕事も、100%でやっていきたくて。その新しいスタイルにフィットするサポートというか、一緒になってやってくれるチームを探していこうと決めたんです。じっくり考えるためにも、一度フリーになってみることにして。本当にいろんな人に相談しました。いろいろな事務所さん、YouTuberさん……親にも! 結果、いい出会いに繋がったという感じです。

 ――その期間は、どんなことを感じましたか?

CODY:“JULIDYってどんなふうに見られているのか、そもそもJULIDYの価値ってなんだろう”ってところから考えました。やっぱり自分たちがやりたいことを、同じくらい熱量高く取り組んでくれるところを見つけないと、新しいスタートをきる意味がないなと思っていたので。かなり長い期間、検討を重ねました。

JULIA:本当に悩んだよね。


――かなり慎重に決断されたんですね。

CODY:直感も大事だとは思うんですけど、そこで「ちょっと待て」といろんな視点で見る必要もあるなと。だからこそ、親や外側にいる人たちからの意見も聞いたりして。

JULIA:後悔しないように、そこは2人でいっぱい話し合いました。どちらかと言えば、CODYの方が慎重タイプだったね。ね?

CODY:確かにそうだね(笑)。

JULIA: 私は優柔不断で時間がかかるタイプですけど、CODYは覚悟を決める材料を集めたら決断力があるタイプ。

CODY:ちゃんと調べて、しっかり考えたら、あとは自分が選んだ道が正解だと信じて迷いなく進めるので。だから、今回はいい決断をしたよね。

JULIA:うん!

同じ熱い思いで取り組んでくれるチームに

――実際に、新しい環境で活動を始めてみていかがですか?

CODY:スタッフの方の熱量が高いのを感じます。まず、新しく所属するにあたってグッズを出したんですけど、その進行がすごく早くて。

JULIA:そのグッズも所属クリエイターのものを作る、というよりも本当に一緒に楽しんで生地やサイズや型を一緒に選んでくれて嬉しかったです。

 「イベントがやりたい」っていう希望に関しても、来年の夏ごろを見据えて今からできることを進めてくれていて。本当に心強いですね。やっぱりこの決断は間違ってなかったなって思いました。

CODY:やりたいことの話がスムーズに進んでいると、ハッピーな気持ちがどんどん増えていきますよね。僕たちも「あれもやりたい」「これもやりたい」って結構アイデアがたくさん出てくるので、その都度スピーディーに対応してもらえると、より加速していく感じがします。

――動画の企画やこれからやりたいことなどを話し合うときは、雑談のような形で自然と始まるものですか? それとも時間を作ってお話されているのでしょうか?

JULIA:前までは企画会議をしていたんですけど、「会議」ってなってもなかなか思いつかなかったりして。逆に、今はもう日常の中でパッと出てくるものをメモしておいて、それを伝えるようになりました。あとは、サプライズやドッキリみたいな相手に伝えない企画も多いので、それは秘密で進めています。

CODY:そうだね。

――先日のJULIAさんの浮気ドッキリ動画はバレバレで微笑ましかったです。もう視聴者みんなで見守る形になっていましたね(笑)。

JULIA:反省してます(笑)。撮影してる時から“こんなはずじゃなかったのにな”って。それでも「JULIAちゃんまた下手くそだね」みたいな感じで。それを面白く見てくれたらいいかなと思いながら編集しました。

CODY:あれはもうちょっと頑張ってほしかった!

――ドッキリ企画のときは、ちゃんと騙されたいものですか?

CODY:はい、騙されたいですね!

JULIA:もー、難しいですよね、ドッキリって。

――その架空の浮気相手とのメッセージのやりとり画面はかなり作り込まれていましたよね?

JULIA:それもスタッフさんが協力してくれて。ちゃんと作ってもらったのに!

――でもそんな微笑ましいところに、JULIDYらしさがあるなと思っています。

CODY:ありがとうございます。

JULIA:次につなげよう、ちゃんと。頑張ります!

“好き”を発信して楽しくいることが、JULIDYらしさ

――最近では、カップルクリエイターの数も増えてきた印象ですが、JULIDYとして大切にしている点はありますか?

CODY:YouTubeを始めたきっかけが「思い出を残す」というところだったので。Vlogでライフスタイル動画を発信していくというのは、今後も変わらずにいたいなって思っています。そのためにも、まずは僕たちが楽しいことをするっていうのは1番大事にしているところです。

JULIA:そうですね。最初に私たちの好きなことがあって、そこに興味を持った視聴者さんが見に来てくれたら、お互いの好きなことが合っていくと思うので。コメントでやり取りをしながら思っているのが、“クリエイターと視聴者さん”っていうより、なんだか好きなことが同じ友だち同士みたいだなって。そういう近い存在で、私たちの楽しいって気持ちが伝わっていったらいいなって。

――海外っぽくて、すごくスタイリッシュな動画の雰囲気もJULIDYらしさという印象です。

CODY:僕たちがYouTubeを始めた当時、日本にはまだカップルクリエイターって今ほど多くはいなかったので、海外のカップルYouTuberがアップしている動画をよく見ていたんです。だから、ちょっと海外っぽい雰囲気になってるのかも。

JULIA:確かに。Vlogとかもあまりなくて。でも、海外の方ってほとんどテロップとか入れないんですよね。本当にシンプルに、話してるのをそのまま動画にしてるので。そこにテロップを入れて、見やすくしていったって感じなんですけど。フォントは可愛いのを探して、色合いとか、効果音とかも、こだわっています。あとは、サムネイルもJULIDYの動画だって思ってもらえるように頑張ってます!

――2人で楽しいことを続けていく上で、意識されていることはありますか?

CODY:最近決めたんですけど、僕たち土日休みにしているんです。やっぱりプライベートと仕事を分けるのは難しいところがあって。お互いに1人の時間を大事にするためにもオフを作るようにしました。

JULIA:今までは、もう7日間ずーっと一緒にいて、撮影して、編集して……ってやっちゃってて。友だちと会う時間とか、個人の趣味に使う時間とかがうまく分けられなくて。なので、土日休んで、平日ちゃんとやろう、って!


――まさか週休2日制だったとは! そのアイディアはどちらから?

JULIA:どっちからかな?

CODY:2人で話し合ううちに、どちらからともなく?

JULIA:とりあえずやってみようって。

CODY:今年の6月とか7月ぐらいからだったかな。

JULIA:ですね!

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる