人気YouTuberえっちゃんが語る、覚悟の“再出発”「もう人生全部、YouTubeに捧げる」

人気YouTuberえっちゃんが語る、覚悟の“再出発”「もう人生全部、YouTubeに捧げる」

 人気YouTuberのえっちゃん(えっちゃんねる/悦子)が、そわんわんやはらぺこツインズなどが所属する事務所BitStarへ、専属クリエイターとして新たに加入した。

 えっちゃんといえば、教育系バラエティチャンネル『ボンボンTV』のメンバーとして一躍人気者に。学生時代からインフルエンサーマーケティングのトップランナー・UUUM社のインターンとして活動を開始し、“社員YouTuber”として活躍。同じく社員だった編集者のO-LuHAとの結婚など、UUUMが生んだスターの1人としての印象が強い。

 そんな彼女が、大きな感謝の思いとともに同社を飛び出し、新しい環境にチャレンジした理由とは? 広がるYouTuberとしての夢、そして1人の女性として歩みたい人生など、えっちゃんが見つめる新たな道について聞いた。(佐藤結衣)

【記事の最後に、えっちゃんさんのサイン色紙プレゼントあり】

変化に応じて、居心地のいい場所は自分で作っていく

――動画でも本音で話されていましたが、あらためて新たなスタートをきった背景について聞かせてください。

えっちゃん:もともと“社員YouTuber”という珍しい形態のクリエイターとして活動していたのですが、その中で「自分の力をもっとつけていきたいな」と思うようになったのがきっかけです。イチから育てていただいたUUUMには感謝しかなくて、でも、やっぱり頼り過ぎちゃうというか、外の世界を知らないといけないな、と感じたので、一度フリーになりました。そのときに、案件のご連絡を通じて、BitStarとやりとりをするようになり、だんだん相性の良さを感じていったという感じです。

――「外の世界を知らない」というお話がありましたが、飛び出してみてわかったことはありましたか?

えっちゃん:今、動画クリエイターをサポートする事務所が増えていますけれど、やっぱりそれぞれにカラーがあるなと思いました。例えば、この事務所は撮影や編集のサポートが充実、この事務所は案件やイベント企画が得意、この事務所はグッズ展開が強い……みたいな。クリエイターによっても何を手伝ってほしいかはそれぞれなので、求めているサポートが手厚い場所を選べるようになってきたのではないかと思います。私は自分で撮影も編集もできるので、お仕事の話にうまく対応してくれる営業のマネジメントを重点的にお願いしたくて、そのあたりを臨機応変に対応してもらえたBitStarが合っているなと感じました。

――周囲の反応はいかがでしたか?

えっちゃん:やっぱり驚かれましたね。私自身も数年前には考えられなかったような展開になっているので、びっくりされて当然ですよね。やっぱり結婚をしたことで、将来のことをリアルに考えるようになったのが大きかったかもしれません。現状維持でいいものか。クリエイター以外の能力も高めるために、もっと幅広くいろんなことに挑戦していったほうがいいんじゃないか。それが、YouTuber業界全体のモチベーションアップにつながるんじゃないか……って、いろいろ考えて。

――『ボンボンTV』のメンバーとしての活動は継続しているのも、新しい動きだと思いました。

えっちゃん:そうですよね。昨日もちょうど撮影してきたんですけど、変わらず仲良くやっています(笑)。今回の私の決断について、UUUM社長の鎌田(和樹)さんも「行ってこい!」と快く送り出してくださいましたし、BitStarからも『ボンボンTV』での活動については自由にさせてもらえたので、環境としては希望通りになりました。柔軟に対応してもらえて、UUUMにも、BitStarにも本当に感謝しています。


――そうした交渉もすべてご自身で?

えっちゃん:はい。得意なほうではないんですが、自分の居心地のいい場所は、自分で作っていかないとって。YouTuberになって、本当に性格が変わったと思います。「やらなきゃ!」「頑張ろう!」みたいな。明るくなりました(笑)。

――もともとは、どのような性格だったのでしょうか?

えっちゃん:自分から道を切り拓くというよりは、多くの人が歩いてきた道を進むタイプというか。だから、新卒で社員になったわけで。

ーーその変化はどういった経緯で?

えっちゃん:やっぱり、他のYouTuberさんたちの影響だと思います。自分で行動して、世界に羽ばたいている人と一緒にいると刺激を受けます。エネルギーをもらうというか。仲良くさせていただいているのは、ゆきりぬちゃんとか、JJコンビさん、あとはヴァンゆんさんとか。フットサルを一緒にやったり、ごはんを食べたりする中で「今後こうしていきたい」みたいな展望を聞くと、みなさん自分たちの活動の先に、YouTube業界全体のことを見ているんですよね。そういう方々と関わらせていただくなかで、コミュニティが広がって、色んな考え方も入ってくるし、もらった刺激の中から自分が選んでいって、自分の考え方も固まってくるっていう気がします。

言いにくいことも私が発信することで、みんなの心が少しでも軽くなれば

――O-LuHAさんとは、どのように話し合われたのでしょうか?

えっちゃん:「失敗したら、道連れよ」って(笑)。うちの場合は私が主体で家庭が成り立っているので、私が「こうしたほうがいいのでは?」って言ったら、むこうも「じゃあ、やってみよう」みたいな。ポジティブに返してくれるので、よかったなって。

――動画で見られるノリのままの関係性なんですね(笑)。

えっちゃん:そうですね(笑)。実際には、何回も、何時間も、かなり長い期間かけて話し合ったんですけど、最終的には「次のステップに行きたいよね」という部分は同じだったので。揉めることはありませんでした。

―― 新しい環境で、今後やってみたいことは?

えっちゃん:今まで、いわゆる「YouTuber」な企画が中心だったんですけど、実は変わったことしたい欲がけっこう強いんです。もちろん、人に迷惑をかけないことは大前提ですが、世間的にも刺激になるような、みんなが一緒に考えたくなるような企画を出したいです!

――最近では、女性の悩みに関する動画や、夫婦ならではの“妊活”動画もアップされていますね。

えっちゃん:そうなんです。やっぱり5年もやっているので、小・中学生だった視聴者さんが10代後半になってきて、新しい悩みが増えているだろうなと思ったので、生理痛の動画を出して理解を広げたいなって考えました。私も個人的に病気を持っていたりとか、結婚してるからこその悩みとか、色んなことがあるんですけど。そういうのも多分、周りで仲間を探すのは難しかったり、気軽に相談しにくかったりすると思うんですよ。だからこそ、私が言うことによって、そういう人たちが仲間意識を持ったりとか、ちょっと心が軽くなったりしたらいいなと思って発信しています。


――えっちゃんとO-LuHAさんとの夫婦像も、それぞれの恋愛観や結婚観でいいんだというメッセージになりそうですね。

えっちゃん:もともとは私も「いつかお嫁に行ったら、主婦になるのかな。旦那さんを立てて、働くとしてもパートかな?」みたいな感じで、勝手に自分の可能性を一般的な感覚に当てはめていて。でも、自分にとって大事なことを貫いてきたら、全然違う形になったんですよね(笑)。こんなインタビューを受ける日が来るなんて、自分でも驚きです。そう思うと、やっぱりYouTuberって夢がありますよね。私の動画を見ることによって、「そういうのもアリなんだ」っていうふうにみんなの選択肢が増えていけばいいなと思います。

――「何年後にこうなっていたい」といった具体的な目標は立てるタイプですか?

えっちゃん:10年単位くらいで見据えてはいます。22歳でYouTuberになったときは、この歳で結婚して、この歳までに子どもを産んで……って、結構具体的に考えていました。O-LuHAくんとも「結婚してくれるなら付き合う」って言ったくらい(笑)。誰かについていくみたいな生き方もあると思うんですけど、大人になるにつれて結局、自分で選ばないと後悔するタイプだということがわかってきたので、「ついてくる?」みたいな形になっちゃいました。でも子どもばかりは授かりものなので、この先はもっと未知数ですが。

――この5年は、あっという間でしたか?

えっちゃん:もう早すぎて、まばたきしたら終わったぐらいの感覚です。いろいろあったんですけどね、思い返せば。でも、この後の5年が大事だなとは思いつつ。幅を広げて活動していくにも、女性として家庭も頑張りつつ仕事も頑張りたいってなると、結構大変そうだなって思っています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる