かぼちゃでビリー・アイリッシュを演奏!? フィンランドの音楽YouTuberが奇才すぎる

 既存、オリジナルの楽曲を演奏する「弾いてみた」動画。日本のみならず世界中で人気を博しているジャンルだ。そのアプローチは、本家に負けず劣らずの技巧派から、独自のアレンジで演奏する個性派までさまざま。

 今回紹介する弾いてみた動画は「バッド・ガイ(かぼちゃカバー)」だ。

!?

  いきなりカボチャがアップにされるが、決して画像を間違えたわけではない。れっきとした「弾いてみた」動画だ。

 本動画「バッド・ガイ(かぼちゃカバー)」はアーティスト「Pupsi」が投稿したもの。タイトルの通り、アメリカの超人気歌手ビリー・アイリッシュのヒット曲「バッド・ガイ」をかぼちゃで演奏するものだ。


 と言われても、一体どうやってかぼちゃで音楽を奏でるのだろうか? 動画の一部を抜粋しながらみてみよう。


 まず、かぼちゃの種を取り出すPupsi。


 続いて、かぼちゃにカッターで穴をあける。


 そこからベースを使い、キーを調整していく。


 こうしてできあがったかぼちゃの楽器である。なんと、Pupsiは、野菜を削って1から楽器を造っているのだ。

 製作過程の音も余すことなく生かしているのもポイントだ。

 その後、完成品を使用して演奏したものを多重録音。さらに驚きなのは、メロディだけではなく、ベースやドラムもかぼちゃを叩いたり、削ったりした音で再現していることだ。一見おもしろ動画のような雰囲気だが、非常に高度な音作りをしている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる