サメは魚の血と人間の血、どちらに寄ってくる? NASA出身・サイエンスYouTuberの実験動画がスゴい

 子供の時、自然科学に関するバラエティやドキュメンタリー番組を夢中で見た経験はないだろうか? 今回は、知的好奇心をがくすぐられる、人気サイエンスYouTuber「マーク・ロバー」を紹介しよう。

 マーク・ロバーはアメリカのYouTuber兼エンジニア。登録者数は2020年11月時点で1490万人を突破している。また、以前はNASAやアップルでエンジニアとして勤務していた経歴の持ち主。

 本チャンネルの魅力は科学のプロフェッショナルであるマークのわかりやすい解説、そして仮説を検証するための体を張った実験だ。

 人気動画の1つである「シャーク アタック テスト」を見てみよう。本動画はサメは魚の血と人間の血どちらを好むのか? という素朴な疑問から始まる。だが、その検証方法がすごい。

小さな檻越しに野生サメに取り囲まれる緊迫の映像

 マークが選んだ方法は魚と人間の血のパックを海の中で破り、実際にサメの反応を試すというものだ。命がけの検証の結果、軍配が上がったのは魚の血だった

 続いて紹介するのは「250万個のオービーズプール」。オービーズは水に浸しておくと膨らむスーパーボールのようなもの。日本でも時折、ぷよぷよボールという名称で類似品が売られていることがある。

 今回はオービーズのプールに入った時、人は浮くのか沈むのかを検証する実験だ。

 事前に、沈まない、腰まで沈む、肩まで沈むの3択で結果を予想するアンケートを取ってから実験に入る。マークの動画はただインパクトのある動画で楽しませるだけではない。視聴者の科学に対する興味や思考力を育てようとしてくれる。

カップの後ろに置かれているオービーズは、各仮説を予想した人の大まかな割合を表している
250万個のオービーズを水で膨らませる作業
水で戻した大量のオービーズをプールへ投下
オービーズ! オービーズ! オービーズ!
完成したオービーズのプールに飛び込むマークとゲストたち

 実験の結果は、ぜひ自分で結果を予想したあとに動画を視聴し、マークの科学的な解説とともに確かめてみてほしい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる