都まんじゅうの全貌は“現実と仮想が交錯する不可逆性SNSミステリー”だった 『Project:;COLD』がスタート

都まんじゅうの全貌は“現実と仮想が交錯する不可逆性SNSミステリー”だった 『Project:;COLD』がスタート

 Team Project:;COLDが、不可逆性SNSミステリー『Project:;COLD』の開始を発表した。

 『Project:;COLD』とは、インターネットをフルに使って展開される、まったく新しい次世代の謎解き&ミステリー作品。参加者は他のネットユーザーとともに「呪いによって人々が死んでいく謎の事件」の目撃者となり、バーチャルキャラクターによって織りなされるドラマと、さまざまな場所に仕込まれた謎を解き明かしながら、他の参加者とともに物語の真相に迫っていく。

 事件は神奈川県の平塚市で“今まさに起こっている”という設定で、本作の物語はすべてがリアルタイムで進行することも特徴。参加者と共に紡いでいく一度限りの物語であり、今この時を逃すと、当事者としての参加ができなくなる特別な作品として、展開していく。

 プロジェクトのメインとなるのは、1987年に神奈川県平塚市で、6人の若き男女が次々と自ら命を絶った不可解な事件『血の人形事件』と、それを現代に再現したという『血の人形・再来事件』。そして、「六泉ヶ丘高校」の文化祭実行委員のメンバーで、文化祭のために結成した『都まんじゅう』というガールズバンドのメンバー6人。最初は動画サイト上やSNSで文化祭に向けたバンドの結成についての動画や投稿をアップしており、11月23日に行われた文化祭ライブを成功させたとしていたが、11月27日、¥に「佐久間ヒカリ」が『血の人形・再来事件』の犠牲者として死亡。突然の展開にインターネット上では様々な憶測が飛び交った。

 彼女たちは現在もそれぞれがTwitterアカウントを所有しており、リアルタイムにツイートを行っているうえ、参加者は彼女たちのツイートに対して、返信やリツイートなどのアクションを行うことができ、その行動が彼女たちに影響を与えることも、今回のプロジェクトの大きな特徴。物語が大きく進展するときにはYouTubeに動画が投稿され、謎解きが提示される。

 また、彼女たちが所属する「六泉ヶ丘高校」を実際に検索してみると、公式サイトにたどり着くことができたり、ほかにもいくつかのサイトが存在しているなど、ヒントはインターネット上のあらゆる場所に隠されている。今回アップされたずっと真夜中でいいのに。の新曲「勘ぐれい」のMVもその一つだ。

 キャラクターデザインには新進気鋭のイラストレーター「望月けい」を起用し、声優の「杉田智和」が所属するAGRSが登場人物のキャスティング・プランニングを担当。映像やビジュアルはバーチャルシンガー・花譜のMVを担当することで知られる「川サキケンジ」が監督を務める。

 また、特定の形をもたない音楽バンド「ずっと真夜中でいいのに。」、アニメーション作家の「こむぎこ2000」、デザイナーの「絵を描くPETER」も本作に携わっているほか、体験ギミックは数多くのリアル脱出ゲームを手掛けてきた「きださおり」、謎解きはアルティメット人狼主催の「眞形隆之」、ロゴデザインはCHProductionの「内古閑智之」、音響監督は「菊田浩巳」が担当している。

 これまでの物語は、公式サイト(https://www.project-cold.net/)でまとめを読むことができるほか、謎解きに関する展開は「青島玲子」のTwitterアカウントでも発信していく予定だ。

青島玲子(@aoshima_rokusen)

<スタッフ>
■総監督・脚本 
???

■キャラクターデザイン
望月けい

■映像監督
川サキケンジ

■キャスティング・プランニング
AGRS / 杉田智和

■音響監督
菊田浩巳

■体験ギミック
きださおり

■謎解き
眞形隆之

■バックグラウンドデザイン
絵を描くPETER

■ロゴデザイン
内古閑智之

<主題歌>
■アーティスト
ずっと真夜中でいいのに。

■楽曲名
勘ぐれい

■MV制作
こむぎこ2000

<キャスト>
天海由梨奈、角倉英里子、陶山恵実里、桑原由気、天野心愛、松嶌杏実、悠木碧

■関連リンク
公式サイト
公式YouTubeチャンネル
公式Twitter

・登場人物のTwitter
青島玲子
佐久間ヒカリ
綾城奈々乃
星野理也
岩永静
森いちご

■企画概要
『Project:;COLD』
リリース日:2020年12月1日
展開場所:YouTube、Twitterなど
ジャンル:現実(リアル)と仮想(ヴァーチャル)が交錯する不可逆性SNSミステリー
価格:全て無料でお楽しみいただけます
公式サイト :https://www.project-cold.net/
運営:Team Project:;COLD
プロモーション協力:株式会社マレ

(C)Project:;COLD

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる