水溜りボンドは「壁」を乗り越え続ける トミーの“丸坊主ドッキリ”動画に見た二人の本質

 知らず知らずのうちに空回りしているということは、誰にでも起きる。順風満帆なときはそれに目をつぶりがちだが、ちゃんと飲み込むことができたところにも「YouTube界のNHK」と呼ばれる真面目さがにじみ出る。

 間違えたことを言ったと思ったら「ごめんなさい」、助言してくれた人には「ありがとう」と言える、その素直な姿勢は、見ている人にも学びを与えたはずだ。自分たちの良さを信じてくれる人に、言い訳をせず向き合う勇気を見せてもらった。

 「いや、おもろいことしたいなって」「やっぱり楽しいことしたい!」これから水溜りボンドの新章が始まるのではないかとワクワクしている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる